Rakuten infoseek

辞書

チベットビルマ語派【チベットビルマごは】

世界の主要言語がわかる事典

チベットビルマごは【チベットビルマ語派】
シナタイ語派とともに、シナチベット語族を構成するとされる語派。中国のチベット自治区や西部の諸省、ネパール、ミャンマー、インドのアッサム地方などで話される多数の言語からなる。分類には諸説があるが、一般に、チベット語群チベット語ギャロン語など)、ロロビルマ語群(ビルマ語・イ語など)、ボドナガ語群(バラ語・ナガ語など)、チン語群(タド語・ルシャイ語など)に分けられる。単音節が主体、「主語-目的語-述語」の語順などが共通の言語的特徴である。文献資料や文字をもつ言語がチベット語、ビルマ語、イ語など少数に限られるなか、比較研究が進められている。◇英語でTibeto-Burman。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チベットビルマ語派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チベットビルマ語派の関連情報

他サービスで検索

「チベットビルマ語派」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.