Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

チフス

栄養・生化学辞典

チフス
 発疹チフスもしくは腸チフス前者をいう場合が多い.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チフス
チフスは広義には腸チフスtyphoid fever,パラチフスparatyphoid fever,発疹(はつしん)チフスexanthematic typhus (epidemic typhus)の三つを含むが,日本で単にチフスという場合には腸チフスをさすことが多い(ただし英語圏で単にチフスtyphusというときは発疹チフスを意味することが多い)。また前2者は細菌性の感染症であるが,発疹チフスはリケッチア性の感染症であり,両者では症状なども異なる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チフス
ちふす
Typhus ドイツ語

俗にチブスともいい、日本では腸チフスのことをさし、窒扶斯と書かれたこともある。英語ではタイファスと発音し、発疹(はっしん)チフスをさし、腸チフスはタイフォイドtyphoidとよばれる。語源は「ぼんやりした」という意味のギリシア語typhosに由来し、高熱によって患者の精神状態がぼんやりしているということから臨床的に命名されたものであり、当初は腸チフスも発疹チフスも含まれていた。

[柳下徳雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チフス
〘名〙 (typheus Typhus 「窒扶斯」とも当てた) チフス菌などの感染による伝染病。高熱、発疹、脹腫を示す。腸チフス・パラチフスは二類感染症(感染症法による)であり、また、リケッチアによる発疹チフスは四類感染症である。日本では、ふつう腸チフスをいう。
※中外新聞‐明治二年(1869)二月五日「右タイヒュス又チヒュスとも云ふ悪性なる熱病にして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チフス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チフスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.