Rakuten infoseek

辞書

チッパー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チッパー
chipper
原木を,化学処理しやすく,木目とは斜めに小片 (チップ) に細断する機械。数多くのナイフ状の刃を高速で回転させ,木材を削り取り,チップにするが,この機械の使用で原木がむだなく使え,効率も高く,品質もよくなる。近年,原木価格の高騰,運賃コストと廃材利用の関係で,山元製材所にチッパーが備えつけられることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チッパー(chipper)
石や陶器などの角をかく道具。特に、モザイク作製でタイルを切る工具をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チッパー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チッパーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.