Rakuten infoseek

辞書

チチェン・イツァ遺跡【チチェン・イツァいせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チチェン・イツァ遺跡
チチェン・イツァいせき
Chichén Itzá
メキシコのユカタン半島北部にあるマヤ文明後期 (900~1100頃) の都市遺跡。チチェン・イツァとはマヤ語で,イツァ族の泉のわき出るところの意。石造りピラミッド神殿宮殿,球戯場,天体観測所などが残り,石彫,絵画,建築様式にはトルテカ文化の影響が強く現れている。 1988年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

チチェン・イツァ遺跡
チチェン・イツァは、メキシコのユカタン半島北部の大地に残る、古代マヤ文明の遺跡です。メキシコのビーチリゾート・カンクンから車で約3時間のところにあり、チチェンとは「井戸のほとり」、イツァとは「水の魔術師」という意をもちます。1988年、ユネスコの世界遺産にも登録された貴重な遺跡があり、迫力ある巨大なピラミッドで有名です。中央にそびえるピラミッド「エルカスティージョ」はマヤの暦を表しており、天文学の技術の高さを思い知ることができます。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

チチェン・イツァ遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チチェン・イツァ遺跡の関連情報

他サービスで検索

「チチェン・イツァ遺跡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.