Rakuten infoseek

辞書

チシマザサ

世界大百科事典 第2版

ちしまざさ【チシマザサ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チシマザサ
ちしまざさ / 千島笹
[学]Sasa kurilensis (Rupr.) Makino et Shibata
イネ科のタケササ類。(かん)の基部が強く湾曲するので、ネマガリダケ(根曲竹)ともいう。稈は剛壮で、高さ2~3メートル、径1~2センチメートルに達し、上部で一節から1本ずつ枝を密に出す。稈の各部に毛はない。葉はやや堅く革質、表面は光沢があり、両面ともまったく無毛、肩毛(かたげ)はない。花茎は稈の上部から出て、ほとんど葉の上に突き出ない。東北地方から山陰地方までの日本海側一帯、北海道、および朝鮮半島北部、樺太(からふと)(サハリン)、千島に分布する。タケノコがおいしいことで、よく知られる。[鈴木貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チシマザサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チシマザサの関連情報

他サービスで検索

「チシマザサ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.