Rakuten infoseek

辞書

チェンドラワシ半島【チェンドラワシハントウ】

デジタル大辞泉

チェンドラワシ‐はんとう〔‐ハンタウ〕【チェンドラワシ半島】
Cenderawasih》インドネシア東端にあるドベライ半島の旧称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちぇんどらわしはんとう【チェンドラワシ半島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チェンドラワシ半島
ちぇんどらわしはんとう
Cendrawasih
インドネシア東部、西イリアンニューギニア島西部)の西端部にある大半島。東西約360キロメートル、南北約220キロメートル。別称ドベライDoberai半島。鳥の頭に似た形をしていることからオランダ領時代はフォーゲルコップVogelkop(オランダ語で鳥の頭の意)と称した。半島北部に山地が東西に走り最高峰のクウォカ山(3000メートル)がそびえる。南部はベラウ湾に注ぐカムンダン川、ムトウリ川などいくつかの河川によって広大な平野が形成されている。石油の産地であり、東部のワジアン、西部のクラモノ、ジャヤなどの油田がある。[上野福男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェンドラワシ半島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チェンドラワシ半島の関連情報

他サービスで検索

「チェンドラワシ半島」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.