Rakuten infoseek

辞書

チェルネンコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チェルネンコ
Chernenko, Konstantin Ustinovich
[生]1911.9.24. クラスノヤルスク,ボリシャヤテシ
[没]1985.3.10. モスクワ
ソ連の政治家。 1931年共産党に入党。 41年クラスノヤルスク地方党委員会書記,43年ペンザ州党委員会書記を経て,48年モルダビア共和国党委員会宣伝部長。 56年ブレジネフの要請で党中央委員会に勤務,65~82年党中央委員会総務部長としてブレジネフを補佐。 71年同委員会委員,76年同書記,77年政治局員候補,78年同局員。 82年アンドロポフ政権以後,総務部長の地位を降りたが,84年2月アンドロポフの死去で書記長就任。しかし在任期間わずか1年で死去。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チェルネンコ(Konstantin Ustinovich Chernenko)
[1911~1985]ソ連の政治家。ブレジネフ側近として要職歴任。1984年にはアンドロポフの死去をうけて共産党書記長に就任、最高会議幹部会議長も兼務した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チェルネンコ
ちぇるねんこ
Константин Устинович Черненко Konstantin Ustinovich Chernenko
(1911―1985)
ソ連の政治家。9月24日にシベリアのクラスノヤルスクの農家に生まれる。1929年から青年共産同盟の活動に参加し、1931年に入党。郷里の党委員会書記を経て、1948年からソ連内のモルダビア社会主義共和国(現モルドバ共和国)の党中央委員会に勤務。働きながら1953年にキシニョフ教育大学を卒業。1950年に党第一書記として赴任したブレジネフの知己を得る。1964年10月にブレジネフがソ連党中央委第一書記に選出されたあと、1965年7月に党中央委総務部長、1976年3月に同書記、1978年11月に同政治局員に抜擢(ばってき)され、ブレジネフ死後はアンドロポフの後を受けて1984年2月に同書記長、同年4月にソ連最高会議幹部会議長となる。1985年3月10日死去。ブレジネフからゴルバチョフへの過渡期の最高指導者であった。[中西 治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チェルネンコ
(Konstantin Ustinovič Čjernjenko コンスタンチン=ウスチノビチ━) ソ連の政治家。ブレジネフの側近。アンドロポフの後に党書記長、ソ連最高会議議長として最高指導者であった。(一九一一‐八五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

チェルネンコ
Konstantin Ustinovich Chernenko
1911〜85
旧ソ連共産党書記長(在任1984〜85)
アンドロポフ(在任1982〜84)の急死後,書記長に就任。保守派の支持を集め,アンドロポフの着手した改革も一時挫折したが,就任後13か月で病死した。その後任ゴルバチョフ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェルネンコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チェルネンコの関連情報

関連キーワード

牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィススバル辛亥革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.