Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ダーダネルス海峡【ダーダネルスかいきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダーダネルス海峡
ダーダネルスかいきょう
Dardanelles
トルコ北西部,マルマラ海エーゲ海を結ぶ海峡チャナッカレ海峡 Çanakkale Boǧazıともいい,古くはヘレスポントス Hellespontos(→ヘレ)と呼ばれた。ダーダネルスの名は,前85年ポントスの王ミトラダテス6世とローマの将軍ルキウス・コルネリウススラが講和を結んだ町ダルダヌス Dardanusに由来する。ヨーロッパ側のゲリボル半島と小アジア半島(→アナトリア)に挟まれ,全長 61km,幅 1.2~6.5km。平均水深は 55mで,中央部の最も幅が狭い海域で深さ 90mと最深。上層の海水はマルマラ海からエーゲ海に向かって南西に速く流れ,下層水は逆に流れて塩分濃度が高い。主要港にゲリボル,エジェアバト,チャナッカレがあり,沿岸には有名な古城が多い。魚種が豊富で,黒海とエーゲ海の間を回遊する。地中海からイスタンブールや黒海へ通じる門戸として,戦略上,通商上の要衝であり,ボスポラス海峡とともに歴史的に重要な意味をもった。ギリシア神話ヘロとレアンドロス」の舞台とされ,古代都市のトロイは海峡の南西部を戦略上の観点から防衛した。前480年にペルシアのクセルクセス1世が船橋をつくって海峡を越え(→ペルシア戦争),前334年にはアレクサンドロス3世(大王)がペルシア遠征に際して渡った。19~20世紀にはロシア,トルコ(→オスマン帝国),イギリス,フランスなどが,おもに軍艦の通航をめぐって対立した(→海峡問題)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダーダネルス‐かいきょう〔‐カイケフ〕【ダーダネルス海峡】
Dardanelles》トルコ北西部、マルマラ海エーゲ海との間にある海峡。古くから黒海地中海とを結ぶ交通の要衝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダーダネルスかいきょう【ダーダネルス海峡 Dardanelles Straits】
トルコ北西部,ヨーロッパとアジアを分断し,エーゲ海とマルマラ海を結ぶ海峡。呼称は,沿岸にあった古代ギリシアの植民都市ダルダノスに由来する。トルコ語名はチャナッカレÇanakkale海峡。全長約61km,幅1.2~6.4km,平均水深55m(最深部は92m)。マルマラ海の寒流とエーゲ海の暖流が海峡で激しく交錯して豊かな漁場を形成する。アジア側の町チャナッカレは漁業と缶詰工業が盛んである。 古代にはヘレスポントスHellēspontosとよばれ,14世紀までビザンティン帝国の重要な水路であったが,15世紀以降オスマン帝国が航行権を独占してきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダーダネルス海峡
だーだねるすかいきょう
Dardanelles

エーゲ海とマルマラ海の間にある海峡。ボスポラス海峡とともにアジアとヨーロッパを分かつ海峡で、古くからの交通の要衝である。長さ61キロメートル、幅は1.9~6.4キロメートル。古代はヘレスポントス海峡とよばれて、黒海と地中海を結ぶ貿易路を支配した。トロイの繁栄はこれに基づいていた。ギリシア植民市としてアビトス、セストスが海峡の両岸に成立した。ペルシア戦争では、アケメネス朝のクセルクセス1世の大軍がこの海峡を通過した。アレクサンドロス大王は紀元前334年、ペルシア遠征のためこの海峡を渡った。ローマ帝国の支配下に入ったダーダネルス海峡は、コンスタンティノープル建設後、地中海への出口として重要性を増した。イスラム勢力や第4回十字軍もこの海峡を海路通過した。オスマン帝国オルハン・ベイは1356年、ダーダネルスを渡り、ガリポリを占領しヨーロッパに進出した。1453年コンスタンティノープルがオスマン帝国に占領されると、海峡は地中海からの海上航路としてのみ外国商船に開放された。

 18世紀以降、ロシアの南下政策が進行すると、ボスポラス海峡とともに国際関係の重要地点の一つとなった。ギリシア独立戦争後、オスマン朝とロシアの間で締結されたアドリアノープル条約で、海峡はロシアの完全自由航行権が保障され、1833年には、エジプト事件を理由に、ロシアの軍事支配が行われた。その後、1841年、海峡条約により海峡の中立が規定された。クリミア戦争後のパリ条約で、海峡の軍艦通行が禁止された。ロシア・トルコ戦争のロシア勝利によってサン・ステファノ条約が1876年締結され、両海峡の自由通航権をロシアが得た。しかし同年のベルリン条約によりサン・ステファノ条約は破棄された。第一次世界大戦後、1920年、セーブル条約により海峡は国際海峡委員会が管理した。1936年、モントルー条約によって新生トルコ共和国は、ダーダネルス海峡の管理権を手に入れることができた。

[設楽國廣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダーダネルス‐かいきょう ‥カイケフ【ダーダネルス海峡】
(ダーダネルスはDardanelles) トルコ北西部、エーゲ海とマルマラ海との間にある海峡。ボスポラス海峡とともに黒海と地中海とを連絡する軍事・通商上の要衝。長さ六一キロメートル。チャナカレ海峡。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ダーダネルス海峡
ダーダネルスかいきょう
Dardanelles
エーゲ海とマルマラ海を結ぶ長さ約71㎞の海峡
ボスポラス海峡とともに,アジアとヨーロッパを結ぶ要地。古来より係争の地で,近代においては海峡問題といわれ,東方問題,バルカン問題と結びついたヨーロッパ外交史上の難問題の1つとなった。古くはヘレスポントスと呼ばれ,ギリシア・ローマ時代にはおのおのその勢力が及び,ビザンツ帝国はここに要塞を築いた。14世紀以後,オスマン帝国領となったが,同国の衰退とともに18世紀末からヨーロッパ列強にねらわれ,1841年イギリス・フランス・ロシア・プロイセン・オーストリア5国はオスマン帝国に要求して海峡協定を定め,平時の軍艦通過が禁止された。第一次世界大戦後のローザンヌ条約で,非武装を条件にトルコの支配管理権が認められ,さらに1936年の協定で条件付きながら再武装が認められ,現在に至っている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーダネルス海峡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダーダネルス海峡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.