Rakuten infoseek

辞書

ダ・コスタ症候群の名前の由来【だこすたしょうこうぐんのなまえのゆらい】

家庭医学館

だこすたしょうこうぐんのなまえのゆらい【ダ・コスタ症候群の名前の由来】
 アメリカの医師J・M・ダ・コスタ(1833~1900年)が、南北戦争(1861~1865年)に参加した兵士に、心臓に器質的異常がないにもかかわらず頻発した特異な機能性心症状を、心臓過敏症として初めて記載したことから、のちにダ・コスタ症候群と呼ばれるようになりました。
 現在は、心臓神経症と呼ばれるのが普通です。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ダ・コスタ症候群の名前の由来」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダ・コスタ症候群の名前の由来の関連情報

他サービスで検索

「ダ・コスタ症候群の名前の由来」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.