Rakuten infoseek

辞書

ダルマ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダルマ
dharma
サンスクリット語では,多様な意味をもつ語であるが,漢語にはほとんど「」と訳されているように,一般的には「倫理的規範」「きまり」を意味する。法律もダルマであり,宗教的義務もダルマである。また善の価値観を入れて「美徳」「義務」「正義」の意味にもなり,古来インドにおける人生の四大事 (法,実利,愛欲,解脱) の一つでもある。語形的には語根 dhṛ (保つ) の派生語とされ,「保つもの」というのが語源的意味と考えられる。ジャイナ教教祖マハービーラは,ベーダ聖典の権威を否定し,あらゆる人間,あらゆるとき,あらゆるところにおいても遵奉すべき普遍的なダルマがあると考えた。釈尊は一切の形而上学的独断を排し,既成の価値観から推論することをやめ,現実そのものに向い,現実のなかから人間の生きるべき道を明らかにして,これをダルマと呼んだ。このようにダルマは「教説」でもあり,人間の守るべき永遠の理法としての「真理」でもある。ダルマの実現を政治理想としたアショーカ王の存在からも知られるように,宗教的義務であるダルマは,同時に超法律的な人倫の法でもあるのは,インド的な政治観念として興味深い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダルマ【dharma】
インドの宗教,思想,ないし仏教の重要な概念で,仏教では〈法〉と漢訳される。このことばは,〈保つ〉〈支持する〉を意味する動詞の語源dhṛ‐から派生し,そうした作用を実体化した名詞で,〈保つもの〉〈支持するもの〉を原義とする。仏教では,〈任持自性(にんじじしよう)・軌生物解(きしようもつげ)〉,すなわち固有の性質を保ち,ものごとの理解を生じさせるもの,という語源解釈が行われている。ただしこのことばは,状況に応じてさまざまなニュアンスで用いられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダルマ
だるま

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダルマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダルマの関連情報

他サービスで検索

「ダルマ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.