Rakuten infoseek

辞書

ダックスフント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダックスフント
dachshund
イヌの1品種。ドイツ産の長胴短肢の小型犬で,元来アナグマ猟犬。知能が高く,性質は快活で頑強。大きさによりスタンダード (体重 6.5~11kgぐらい) とミニアチュア (体重 4kg以下) に分けられるが,前者は家庭犬,後者は愛玩犬。また被毛により短毛種,長毛種,粗毛種の3種がある。さらに毛色によりレッド (赤褐色) ,ブラック・タン (黒地黄褐色の斑が眼の上,吻,頸の下,胸,下肢,肛門の周囲にある) ,ダップル (黒地に白斑) などと呼んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダックスフント(〈ドイツ〉Dachshund)
犬の一品種。ドイツの原産。胴が長く四肢が短い。元来はアナグマ猟の猟犬

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典

ダックスフント

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ダックスフント【Dachshund】
〔アナグマの猟犬の意〕
イヌの一品種。ドイツ原産。胴長で脚が短く、体高25センチメートル 程度。小型化されたものは、ミニチュアダックスフントという。被毛の違いによって、滑らかな短毛種のスムースヘアード、粗い短毛種のワイアーヘアード、長毛種のロングヘアードに分類される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダックスフント
だっくすふんと
Dachshund
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、ドイツ原産。小形の獣猟犬で、地中の穴に潜むアナグマを狩り出すのに用いられた。ドイツ語でDachsはアナグマ、Hundはイヌを意味する。体型もその用途に適した特異なもので、著しく四肢が短くて長胴、体高と体長の比は10対20である。体格によりスタンダードとミニチュアに分けられる。スタンダード型のものは、体高20~27センチメートル、体重約11キログラム。ミニチュア型のものはさらに小さく、体重4.8キログラム以下である。被毛は短毛、長毛、ワイヤーの3種がある。毛色は赤褐色、ブラックエンドタンが多いが、チョコレートエンドタン、グレーと白とタン、斑(ぶち)、ブリンドル色などもある。現在は、実猟犬としてよりは家庭犬として人気が高い。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダックスフント
〘名〙 (Dachshund) 犬の一品種。ドイツ原産の短肢長胴の小形犬で、アナグマなどの猟犬として知られたが、現在では愛玩犬とされる。利口で根気強い。
※夢声戦争日記〈徳川夢声〉昭和一七年(1942)一月二八日「『犬の研究』二月号を見ている。表紙はルルと同種ダックスフンド」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダックスフント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダックスフントの関連情報

他サービスで検索

「ダックスフント」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.