Rakuten infoseek

辞書

ダダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダダ
Dada
1916~22年頃ヨーロッパ,アメリカに起った反文明,反合理的な芸術運動。ダダイズムともいう。伝統的なヨーロッパ文明を否定し,既成のあらゆる社会的,道徳的束縛から精神を解放して,個人の真の根源的欲求に忠実であろうとした運動。「ダダ」という呼称も,『ラルース・フランス語辞典』を開いて偶然目についた単語の「ダダ」が選ばれたもので特別の意味はない。チューリヒに集ったルーマニアの詩人 T.ツァラ,ドイツの作家 H.バル,R.ヒュルゼンベック,アルザスの画家 J.アルプらが先導者となり,その後ダダはベルリンハノーバー,ケルンなどに飛び火した。ニューヨークでマン・レイや M.デュシャンが展覧会に車輪や便器をそのまま出品したのもその現れといえる。ベルリンでは政治色濃厚な革命的運動となり,パリでは A.ブルトン,L.アラゴン,P.エリュアールらが中心となり,これにツァラ,マン・レイ,アルプらが加わって,サルガボで開かれたダダ祭を絶頂とする最盛期を迎えた。しかしいわゆる「パリ会議」 (1922,ブルトン提唱) へのツァラの不参加を期として,シュルレアリスムへと発展的解消をとげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ダダ
第1次世界大戦中から戦後にかけ、欧米に広がった反芸術的な運動。1916年、スイスのチューリヒに開店したキャバレー・ボルテールを舞台に、ドイツ人作家のフーゴ・バル、ルーマニア出身の詩人トリスタン・ツァラらが、無意味な詩の同時朗読など観客への挑発的な行為をしたのがチューリヒ・ダダの始まり。美術家のアルプは、紙をまき散らした偶然によって生まれる作品を発表した。彼らは、ラルース辞典を開いて、偶然目に付いた単語「ダダ」を名称とした。ドイツではスイスから戻った詩人のヒュルゼンベックが18年に「ダダの夕べ」を開いて本格化し、20年には「第1回国際ダダ見本市」が開かれた。チューリヒのダダに代わって、パリでブルトンやエルンストらと運動を盛り上げたが、やがてその主流は、シュルレアリスム運動へと転回していく。同時期、米国では、写真家のスティーグリッツピカビア、マルセル・デュシャンらが、雑誌「291」などを舞台に、いわゆるニューヨーク・ダダの運動を起こした。日本では村山知義らによる大正期の新興美術運動などに、影響を与えた。
(山盛英司 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ダダ(〈フランス〉dada)
ダダイスム」の略。
ダダイスト」の略。
[補説]書名別項。→ダダ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダダ[書名]
詩人高橋新吉の小説。大正13年(1924)刊。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ダダ
円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する宇宙人。三面怪人。初登場作品は『ウルトラマン』。身長1.9メートル(最大40メートル)、体重70キロ(最大7千トン)。3つの顔を持ち、ミクロ化器を操って人間を小型化し、標本にする。正式名は「ダダ271号」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダダ【Dada】
第1次大戦中から戦後にかけてヨーロッパとアメリカを中心に起こった芸術運動。ダダイズムDadaismともいう。 第1次大戦中,中立国スイスのチューリヒは亡命者のたまり場であった。1916年2月,逃亡兵の演出家バルと恋人の歌手エミー・ヘニングスは同地で,アルザス生れの画家アルプ,ルーマニアの詩人ツァラや画家ヤンコMarcel Janco(1895‐ )とともに〈キャバレー・ボルテールCabaret Voltaire〉を開催した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ダダ【dada】
ダダイスムの略。
ダダイストの略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダダ
だだ
Dada
第一次世界大戦(1914~1918)中から戦後にかけて、ヨーロッパとアメリカに展開された美術および文学上の運動。反美学的、反道徳的な態度を特色とするが、運動が行われた時と場所に応じてその性格はかならずしも一様でない。[野村太郎]

チューリヒ

大戦中の中心地はスイスのチューリヒで、この地に戦争を嫌って集まった若い芸術家たちは、現実への怒りを込めて否定と破壊の精神をアピールした。ルーマニア出身の詩人トリスタン・ツァラ、ドイツの作家兼演出家フーゴー・バル、同じく作家リヒャルト・ヒュルゼンベックRichard Huelsenbeck(1892―1974)、美術家アルプ、ハンス・リヒターらがそれで、彼らは1916年2月、展示場と小舞台をもつ芸術家クラブ「キャバレー・ボルテール」を開店し、ここを根城としていっさいの伝統的価値や因襲的形式や理性の優位に挑戦し、これらを愚弄(ぐろう)し否定するデモやスキャンダルを巻き起こした。その際、彼らはラルース辞典を気まぐれに開いてそこで偶然目についた単語「ダダ」を運動の名称とした。このチューリヒ・ダダは、前衛美術展を開催したり、ツァラ編集の雑誌『ダダ』を発行して、そのなかで偶然のモチーフを利用した詩の新形式を開拓したりしているが、彼らの主目的は「なにものも意味しない」ダダの否定精神をつきつめ、芸術を白紙に還元することにあったと考えられる。そのアナーキー的な身ぶりの底に、彼らは芸術を実人生と同じ地平に置こうとする欲求を秘めていたのである。[野村太郎]

ニューヨーク

この欲求を先取りし、伝統美の急進的な否定を具体化した美術家はマルセル・デュシャンである。1913年、ニューヨークで催されたヨーロッパ現代美術展「アーモリー・ショー」で、絵画作品『階段を降りる裸体No.2』でスキャンダルをよんだ彼は、1915年ニューヨークに移住し、レディーメイド(既製品)をそのまま造形的オブジェとして展示することでセンセーションを巻き起こした。彼はダダの名称を用いなかったが、画廊「291」の中心的存在としてチューリヒとほぼ同時期にダダ的な運動を推進した。このサークルにはピカビア、マン・レイらがいる。身近な現実への関心や新しい表現方法と素材の開発は、このサークルがチューリヒの破壊のダダとはややニュアンスを異にする点である。ピカビアは1917年バルセロナで雑誌『391』を創刊したのち、チューリヒ・ダダと合流した。彼がツァラを助けて編集した『ダダ』には、ダダの宣言文が掲載された。[野村太郎]

ベルリン

ドイツのダダは、ヒュルゼンベックの刺激によって始められ、ベルリンのサークルにおいては、第一次世界大戦後の社会状況を反映して強い政治色に彩られている。ここでは写真モンタージュ(フォトモンタージュ)の技法が社会参与の表現として開拓されたことが特筆される。とくにドイツ軍国主義と反動的資本家層を痛烈に批判した画家グロッスの活躍は目覚ましい。彼は思想的にマルキシズムに傾き、社会変革を鼓舞する制作活動を精力的に推進した。[野村太郎]

ハノーバー

ハノーバーでは、詩人でもある美術家シュビッタースがただ一人で雑誌『メルツ』を発行し、ダダの気を吐いた。彼はキュビスムのパピエ・コレにヒントを得て、日常生活の廃棄物を素材にした反芸術的な作画を行ったが、たまたま平面に貼(は)った印刷物の断片にmerzの文字があるのをみつけ、それを制作の呼び名とした(メルツ絵画merz-Bild)。偶然の拾得物の寄せ集めと、それらの意外な出会いによって想像力を解放しようとするものであるが、それらの素材はやがて平面をはみ出して堆積(たいせき)されていった(メルツ構築物merz-Bau)。[野村太郎]

ケルン

ケルンでは、1919年アルプ、エルンスト、バールゲルトJohannes Baargeld(1891―1927)らが、雑誌『通風機』によってダダの運動をおこした。エルンストは、機械の図版を組み合わせたコラージュ作品で幻覚や無意識の世界をあばく糸口をみつけ、アルプは、絵画と彫刻との接点をさぐるレリーフや、無意味の意味をさぐる有機的で「匿名の」オブジェ作品を制作して将来への展望を開いた。[野村太郎]

パリ

アンドレ・ブルトン、ポール・エリュアール、ルイ・アラゴン、フィリップ・スーポーら、雑誌『文学』(1919創刊)による詩人たちを中心とするパリのダダは、ツァラ、エルンスト、ピカビアらを迎えて強力な運動体となった。ブルトンとスーポーは、半月間自らを一種の白紙の状態(いっさいの先入観をもたない)においてオートマチックにことばを記述(自動記述)した詩集『磁場』(1920)をつくったが、この試みはすでに破壊と否定のダダを乗り越えて無意識の領域に未知の現実を探ろうとする創造的な実験であった。パリ・ダダは、フロイトに共鳴して内的世界へ目を向けたブルトンが、政治変革を志向するアラゴン、エリュアールと決別したときに終わり、やがてシュルレアリスムの運動に発展していく。[野村太郎]

継承と展開

第二次世界大戦後、抽象表現主義に対抗して1960年前後におこったアメリカおよびヨーロッパの美術の動向には、ダダを回想させるものが多い。アメリカにおけるネオ・ダダ、ジャンク・アートJunk Art(廃物芸術)、ポップ・アート、ヨーロッパにおけるヌーボー・レアリスムがそれである。これらの諸傾向は、ダダが着目した素材(反芸術的な日用品、工業製品とその廃棄物、写真およびマス・メディアが提供するイメージ)や技法(コラージュ、アッサンブラージュ、写真モンタージュ)を継承し発展させた表現も少なくない。新しい技術時代と大衆社会の現実に即応したこれら1960年代の諸傾向は、ダダが口火を切った「反芸術」を、「表現」「抽象」「幻想」と並ぶ20世紀美術の基礎概念の一つとして定着させた。なお、日本でも1960年4月、荒川修作、篠原有司男(しのはらうしお)(1932― )、吉村益信(ますのぶ)(1932―2011)らによってネオ・ダダ・オルガナイザーズが結成された。[野村太郎]
『M・サヌイエ解説、瀧口修造訳『現代の絵画16 ダダ運動と画家たち』(1973・平凡社) ▽K・タウツ・スミス著、柳生不二雄訳『ダダ』(1976・パルコ出版) ▽H・リヒター著、針生一郎訳『ダダ――芸術と反芸術』(1987・美術出版社) ▽白川昌生編『日本のダダ』(1988・書肆風の薔薇) ▽平井正雄著『表現主義・ダダを読む』(1996・白水社) ▽浜田明・田淵晋也・川上勉著『ダダ・シュルレアリスムを学ぶ人のために』(1998・世界思想社) ▽M・ゲール著、巌谷国士・塚原史訳『ダダとシュルレアリスム』(2000・岩波書店) ▽D・エイズ著、岩本憲児訳『フォトモンタージュ 操作と創造――ダダ、構成主義、シュルレアリスムの図像』(2000・フィルムアート社) ▽塚原史著『言葉のアヴァンギャルド――ダダと未来派の20世紀』(講談社現代新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダダ
〘名〙 (Dada dada)
① 第一次世界大戦中におこり、一九二〇年代にかけて盛んとなった、国際的な美術・文芸運動。あらゆる社会的・芸術的伝統を否定し、反理性、反道徳、反芸術を標榜した。「ダダ」とは、一九一六年チューリヒに集まったトリスタン=ツァラらのグループが命名した意味のない言葉を、グループの名称・機関誌名・芸術運動の呼称としたもの。ダダイズム。
※ダダイスト新吉の詩(1923)〈高橋新吉〉跋〈辻潤〉「彼はダダを生活に体現して詩歌を嘲笑した」
※予言者ヨナ(1928)〈高橋新吉〉「私が日本のダダの元祖だと言ったら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダダの関連情報

関連キーワード

第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットイースター蜂起牧野省三ブロッホフサインアロー号ブロッホフランツ・ヨーゼフ1世

他サービスで検索

「ダダ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.