Rakuten infoseek

辞書

ダウンサイジング【ダウンサイジング】

デジタル大辞泉

ダウンサイジング(downsizing)
規模を縮小すること。コストダウンや効率化のために小型化すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だうんさいじんぐ【ダウンサイジング】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ダウンサイジング【downsizing】
( 名 ) スル
機器などを、従来のものより小型にすること。特に、大型の汎用コンピューターに代えて、ワークステーションやパソコンを採用すること。
企業など団体や組織が、人員やコストを削減すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダウンサイジング
downsizing
サイズを小型化することをいう。 (1) 工学的には,集積回路技術,精密工学技術などの進歩をふまえて,製品の小型化を進めることをさす。特に大型コンピュータからネットワーク化されたパーソナル・コンピュータへの切り替えをいう場合が多い。 1990年代に入り,パソコンやワークステーションなど小型コンピュータの性能向上と低価格化が急速に進んだことによって,高価な大型汎用コンピュータに端末をつなげて共同利用するより,小型コンピュータをLANでつないで利用したほうがコスト削減などのメリットをもつようになったことから,こうした動きが盛んになった。この動きに乗り遅れた大型汎用機メーカーは業績不振に陥り,メーカーの勢力分布図を塗り替えるほどの影響を及ぼした。 (2) 経済や産業界では,バブル経済時代の過剰投資で肥大化した組織や生産設備などを小さくスリム化することをさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダウンサイジング
だうんさいじんぐ
従来の大型コンピュータやミニコンピュータなどの比較的規模の大きいコンピュータから、小さくても性能のよいコンピュータに切り替えること。ダウンサイジングをすることによって、必要に応じてシステムを追加することもできるので、より柔軟性の高いシステムが構築できることがメリットとされている。また、導入コストも安くなるといわれる。[中島由弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダウンサイジング
〘名〙 (downsizing) 機械、装置、設備などを小型化して、コスト削減や効率化をはかること。特に、大型汎用コンピュータに替えて小型で低価格のワークステーションやパソコンを導入すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダウンサイジング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダウンサイジングの関連情報

他サービスで検索

「ダウンサイジング」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.