Rakuten infoseek

辞書

ダイズの利用法【だいずのりようほう】

食の医学館

だいずのりようほう【ダイズの利用法】
 ダイズをふだんの食事でじょうずに取り入れるには、とうふや納豆などの加工食品が手軽です。加工食品にたよらずにダイズを調理する場合は、いくつかポイントがあります。
1/ダイズは皮がかたく、やわらかく煮る必要があります。そのために、煮る前の5~6時間は水につけておくこと。このとき使う水は、水温が高いほうが吸収スピードがはやくなります。
2/ダイズを煮るときに重曹(じゅうそう)を加えると皮がやわらかくなるといわれています。しかし、アルカリ性の重曹がビタミンB1を破壊してしまうため、ふだんの調理方法としてはおすすめしません。
3/よいダイズは粒(つぶ)が揃(そろ)い、虫くいのないもの、皮がはげていないものです。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

ダイズの利用法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダイズの利用法の関連情報

他サービスで検索

「ダイズの利用法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.