Rakuten infoseek

辞書

ダイアナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダイアナ
ディアナ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイアナ
Diana, Princess of Wales
[生]1961.7.1. イギリス,サンドリンガム
[没]1997.8.31. フランス,パリ
イギリス皇太子妃。オルソープ子爵(のちのスペンサー伯爵)の三女として生まれるが,両親の離婚後は父親のもとで育った。ノーフォーク,ケントの寄宿学校を卒業し,スイスでフィニッシング・スクールに通ったのち帰国。ロンドン近郊の幼稚園で保育士として働いていた 1981年2月にエリザベス2世の長男チャールズと婚約し,同年 7月29日にセント・ポール大聖堂で結婚式をあげた。1982年に長男ウィリアムが,1984年に二男ヘンリーが誕生。天性の魅力と王室の華やかなイメージによって国民の人気を集めた。恵まれない子供やエイズ患者などに対する福祉活動を熱心に行なう一方,結婚生活は破局に向かい,1992年に別居,1996年には正式に離婚した。その後も対人地雷禁止運動などを続けたが,1997年パリ市内で交通事故により死亡。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダイアナ(Diana)
ローマ神話の女神ディアナの英語名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイアナ(Diana Frances Spencer)
《称号Diana, Princess of Wales》[1961~1997]英国の元皇太子妃。後のスペンサー伯爵家の三女として生まれる。幼稚園に勤務したのち、1981年20歳でチャールズ皇太子と結婚、ウィリアム、ヘンリーの二人の王子を出産。1996年離婚が成立。離婚後も多くの慈善団体へ支援を行い、エイズや癌(がん)撲滅運動、地雷禁止運動などに積極的にかかわった。1997年パリで自動車事故死。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ダイアナ
カナダ出身のポピュラー・シンガー・ソングライター、ポール・アンカの曲。1955年に発表したデビュー曲で、全米第1位を獲得し、全世界中で累計1,000万枚以上を売り上げている。原題《Diana》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいあな【ダイアナ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ダイアナ【Diana】
ローマ神話における樹木の女神ディアナ(Diana)の英語形。女性の守護神で、多産の神。古くからギリシャ神話の女神アルテミスと同一視されて狩猟・月の神とされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ダイアナ
生年月日:1961年7月1日
英国皇太子妃
1997年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダイアナ
(Diana) ローマ神話の女神「ディアナ」の英語名。〔現代日用新語辞典(1920)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイアナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダイアナの関連情報

他サービスで検索

「ダイアナ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.