Rakuten infoseek

辞書

タービニア号【タービニアごう】

世界大百科事典 第2版

タービニアごう【タービニア号 Turbinia】
世界で初めての蒸気タービン船。1894年,実用蒸気タービン発明者の一人であるイギリスのC.A.パーソンズによって建造された。排水量44.5トン。パーソンズは蒸気タービンの優秀性を宣伝するため,97年,スピットヘッドで行われたビクトリア女王在位60年記念の大観艦式においてタービニアを34.5ノットで走らせた。ねらいは成功し蒸気タービンは船舶用推進機関の一つとしてその地位を確立した。蒸気タービンからは高速の回転力が得られるが,これに連結されるスクリュープロペラは,あまり高速で回転させるとキャビテーションを発生し性能が低下する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

タービニア号
たーびにあごう
Turbinia
世界最初の蒸気タービン船。1897年、イギリスのパーソンズが設計し、新しい船の推進方式としてのタービンを世間に認識させるために建造した。その年のビクトリア女王在位60年記念の観艦式に、艦列の間を縫って当時としては記録破りの34.5ノットのスピードでデモンストレーションを行い、女王以下の目を奪った。タービニア号は3本の推進軸に、それぞれ3個ずつのプロペラを取り付け、キャビテーション(プロペラ部に生じる真空現象)を防いでいた。このデモンストレーションの結果、船舶用タービン機関は軍艦を皮切りにして急激に普及した。現在、ニュー・カッスルの科学博物館に保存されている。[茂在寅男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タービニア号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タービニア号の関連情報

他サービスで検索

「タービニア号」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.