Rakuten infoseek

辞書

タルチュフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タルチュフ
Le Tartuffe
フランスの劇作家モリエールの韻文喜劇。5。 1664年ベルサイユ宮殿の祭り「魔法島の歓楽」の第4夜にモリエールの劇団によって3幕だけが初演されたが,宗教界からの圧力により一般公開は 67年まで許可されず,完全な上演は 69年。大成功を収め,以後今日までコメディー・フランセーズのレパートリー中最も多く上演されている。にせ宗教家タルチュフの偽善家ぶりと彼にだまされて財産を奪われたうえ,国事犯として訴えられる金持を描き,痛烈な社会風刺を盛った古典主義性格喜劇傑作

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タルチュフ(〈フランス〉Le Tartuffe)
モリエール戯曲。5幕。1664年初演。にせ信者タルチュフの行動を通じ、宗教の偽善を批判・風刺した喜劇。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タルチュフ【Tartuffe】
モリエールの代表作の一つ。五幕韻文喜劇。1664年ベルサイユ宮大饗宴の折,ルイ14世の前で初演されたが,宗教的偽善を告発する大胆な内容ゆえに公開を禁止され,曲折を経た後,69年に解禁となった。初演物の正確な内容は今日なお不明である。偽善者タルチュフを聖人と錯覚した金持のオルゴンは,家族の反対を無視して全財産を彼に譲る手続をとる。タルチュフが自分の妻を口説く姿を見せられようやく目が覚めるが,彼を追い出すどころか逆に謀反人と訴えられ逮捕の危機が迫る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

タルチュフ【Le Tartuffe】
モリエールの喜劇。五幕。1664年初演。ぺてん師タルチュフが熱心な信仰家を装って富裕な商家に入りこみ財産乗っ取りを企てるが、失敗に終わる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タルチュフ
たるちゅふ
Le Tartuffe ou L'Imposteur
フランスの劇作家モリエールの戯曲。五幕韻文喜劇。副題は「ぺてん師」、1664年初演。パリの町人オルゴンはえたいの知れぬにせ信者タルチュフにのぼせあがり、彼を家に招じ入れ信仰の鑑(かがみ)として手厚くもてなし、ほかに恋人のいる娘を彼と結婚させようとする。しかしタルチュフは同時にオルゴンの若い後妻エルミールをくどくという鉄面皮ぶりを発揮する。エルミールのたくらみによってにせ信者の正体は暴露される。と、彼は居直って一家の財産をのっとり、かつオルゴンの託した秘密文書を盾にとりオルゴンを告発する。しかし国王の内命を受けていた警吏はあべこべにタルチュフを逮捕し、オルゴン一家は危ういところを救われる。信仰の問題を取り上げたこの作品は、当時の社会に根強い力をもつ教会側の忌諱(きき)に触れ、上演禁止処分をも被っている。[井村順一]
『鈴木力衛訳『タルチュフ』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

タルチュフ
(原題Le Tartuffe) 戯曲。五幕。モリエール作。一六六四年成立、同年ベルサイユ宮で初演。別名「ペテン師」。巧みな陰謀でオルゴン家に入りこみ、その財産を横領した偽善的聖職者タルチュフが、オルゴンの妻に仮面をはがれ国王の裁きを受けるにいたる性格喜劇。当時のフランス社会の偽善を風刺した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

タルチュフ
Le Tartuffe
フランスの劇作家モリエールの喜劇
1664年初演。僧侶貴族の偽善を痛烈に批判し,5年間上演を禁止された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タルチュフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タルチュフの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.