Rakuten infoseek

辞書

タミル語【タミルご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タミル語
タミルご
Tamil language
インドのタミルナードゥ州スリランカ北半その他に,合せて約 4600万人の話し手をもつ言語。タミルナードゥ州の公用語ドラビダ語族に属する。古くから文字をもち,前3世紀の碑文があり,豊富な文学を生み出している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タミル‐ご【タミル語】
Tamilドラビダ語族に属する言語。インド南東部のタミル‐ナド州を中心に、スリランカ北部などでも話されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タミルご【タミル語 Tamil】
インド亜大陸南部に住むドラビダ人の主要言語のひとつ。タミル・ナードゥ州(州都マドラス。人口約4800万)の公用語であるほか,スリランカ北部ジャフナ地域(400万人),マレーシア,インドネシア(合わせて100万人),中部と南部のアフリカの一部,マダガスカル,フィジー諸島などで,おもに移住民によって話されている。文字をもつ四つのドラビダ語(タミル,テルグ,カンナダ,マラヤーラム)のうち,タミル語は西暦紀元初頭にまでさかのぼる文献をもつ唯一の言語であり,また,語彙借用の面を除いてインド・ヨーロッパ系言語の影響が最も少ないため,ドラビダ語族を代表する言語とみなされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

タミルご【タミル語】
インド南東部のチェンナイ(マドラス)、およびスリランカ北東部を中心に分布する言語。ドラビダ語族に属す。インドとシンガポールでは公用語の一つ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

タミルご【タミル語】
ドラビダ語族に属する言語。インド南部のタミル-ナードゥ州の公用語で、スリランカとシンガポールでは公用語の一つ。マレーシア、インドネシア、マダガスカルなどでも移民の子孫を中心に話されている。話者数は7400万人。南方系ブラーフミー文字が変化したタミル文字が使われる。ドラビダ語族のなかで最も古い文献(紀元前後までさかのぼる)をもち、また、インドアーリア語派インド語派)の影響が最も少ない言語とされる。言語の構造は膠着語に近く、名詞は8つの格を接尾辞の付加によってつくり、語順も日本語に似ている。◇英語でTamil。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タミル語
たみるご

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タミル語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タミル語の関連情報

他サービスで検索

「タミル語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.