Rakuten infoseek

辞書

タタールスタン

大辞林 第三版

タタールスタン【Tatarstan】
ロシア連邦に属する共和国。ボルガ川とその支流のカマ川が合流する地域を占め、ボルガウラル油田を控え、石油・化学工業が発達。住民はトルコ系タタール人とロシア人。首都カザン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タタールスタン(Tatarstan/Татарстан)
ロシア連邦に属する共和国の一。ボルガ川中流とその支流カマ川下流域にあり、首都はカザン。石油・化学工業が盛ん。基幹民族タタール人だがロシア人も多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タタールスタン
たたーるすたん
Татарстан Tatarstan
ロシア連邦西部にあるタタール人の共和国。タターリアТатария/Tatariyaともよばれる。ソ連成立後の1920年にタタール自治ソビエト社会主義共和国Татарская АССР/Tatarskaya ASSRとして成立し、ソ連崩壊(1991年12月)後の1992年、ロシア連邦内の共和国となった。正称タタールスタン共和国Республика Татарстан/Respublika Tatarstan。面積6万8000平方キロメートル、人口378万4000(1999)。首都カザン。
 ボルガ川中流のボルガ・カマ川流域にある。西部にボルガ沿岸丘陵、東部にブグリマ・ベレベイ丘陵が走り、中部が平原をなしている。面積の約6分の1が森林で、混交林が多いが、南東部は森林ステップである。トルコ(チェルク)語群に属するタタール語を話すタタール人の国であるが、他地域に居住する人々が多く、この国に住むタタール人は人口の48.5%で、ほかにロシア人(43.3%)、チュバシ人、モルドビン人、ウドムルト人(あわせて3.7%)、その他の民族が多数居住している(1989)。住民の大部分は都市に居住し、西部と東部に都市が多い。
 もっとも重要な産業は石油部門である。共和国は、1930年代より開発されたボルガ・ウラル油田(第二バクー油田)の主要な中心地で、ソ連時代、一時は第一の石油産出高を誇っていた。工業部門では石油採取と関連する機械、化学(合成ゴム、プラスチック、肥料)のほか、木材加工、食品工業が発展している。また自動車(トラック)工業が急速に発展した。農業部門では穀作(ライ麦、小麦)、ジャガイモ栽培、畜産が中心で、毛皮獣の飼育も盛んである。交通は東西を結ぶハイウェー、南北を結ぶ鉄道を中心に、ボルガ、カマ、ベラヤ、ブヤトカ各河川の水運も発達している。[中村泰三・小俣利男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タタールスタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タタールスタンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.