Rakuten infoseek

辞書

タカアシガニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タカアシガニ
Macrocheira kaempferi; Japanese giant crab
軟甲綱十脚目クモガニ科。甲長 35cm。1属 1種。成長した雄では鋏脚が長大になり,左右に広げると 3.5mをこえる。甲には大小のいぼ状突起がある。額棘は,成体では短く,外側に強く湾曲しているが,幼体ではあまり開かず,甲長の 2分の1ほどの長さである。眼窩が不完全なため,クモガニ科のなかでは下等な位置に置かれている。甲には多数のヒメエボシガイ Poecilasma kaempferi(顎脚綱有柄目)がつく。岩手県以南九州沿岸までの太平洋側の水深 50~300mの海底にすむほか,台湾近海,東シナ海北部,鳥取県沖でも記録された。甲殻類のみならず節足動物中で最大。駿河湾などでは底引網で漁獲され,食用にされる。近年は大型個体が少ない。(→十脚類軟甲類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タカアシガニ
たかあしがに / 高足蟹
Japanese giant crab
[学]Macrocheira kaempferi
節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クモガニ科に属するカニ。1属1種の日本特産の巨大なカニで、岩手県沖から九州沿岸までの水深200~300メートルにすんでいるが、春の産卵期には20メートルくらいの浅海までくる。そのためヒガンガニ(彼岸蟹)とよぶ地方がある。房総半島の小湊(こみなと)沖、相模(さがみ)湾、駿河(するが)湾、熊野灘(なだ)、土佐湾、宮崎県土々呂(ととろ)沖などが主要な産地で、とくに駿河湾ではタカアシガニを対象とした漁が行われている。伊豆(いず)半島西岸各地ではオオガニとよんで食用とし、高価で販売している。肉は繊維性に乏しくて軟らかく、また自己消化によっていたみやすい。
 甲は長さ35センチメートルに達する洋ナシ形で、大小のいぼ状突起で覆われ、胃域、心域、腸域、鰓域(さいいき)が明瞭(めいりょう)に区分されている。そのため、甲面はヘイケガニ類ほどではないが、やはり人の顔を思い起こさせる。各地の漁村で墨で人面を描き、鴨居(かもい)などにかけて悪魔除(よ)けにする。成体では額棘(がっきょく)が短く、甲長の8分の1ほどで、外側へ強く曲がっているが、甲長5センチメートルくらいまでの幼ガニでは額棘は甲長の2分の1に近く、まっすぐ斜め前方に伸びている。また、幼ガニでは甲面が長毛で覆われていて、タカアシガニとは思えないほどである。雌のはさみ脚(あし)は短いが、十分に成長した雄でははさみ脚が歩脚よりずっと長くなり、左右に広げると3メートルを超えるほどになる。この長さは節足動物のうちで世界最大である。はさみ脚、歩脚とも各節は円筒状で、海底をゆっくりと前や横に歩く姿はカニの王者にふさわしく、水族館や博物館での人気者である。[武田正倫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タカアシガニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タカアシガニの関連情報

関連キーワード

ダックスフンドミズネズミ(水鼠)ノンステップバスアルマジロイセエビウサギギクウミグモカイチュウ(回虫)カマキリ(魚類)カモメ(鴎)

他サービスで検索

「タカアシガニ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.