Rakuten infoseek

辞書

タイ国際航空【たいこくさいこうくう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

タイ国際航空
たいこくさいこうくう
Thai Airways International Public Co., Ltd.
タイの国有航空会社。1951年にタイ政府が零細航空会社3社を買い取り、統合してつくったタイ航空Thai Airways Co.(TAC)が前身。1959年にスカンジナビア航空Scandinavian Airlines System(SAS)の30%出資協力を得てタイ国際航空が創設され、タイ航空は国内の都市間を運航する会社として分離された。タイ国際航空は1966年にはインドネシアのバリ、ネパールのカトマンズに就航。1970年には年間50万人を超す旅客を運んだ。1971年、オーストラリアのシドニーへ初の大陸間飛行を行い、続いてコペンハーゲンをはじめとするヨーロッパ各都市に運航。1980年代には太平洋横断航路を北アメリカの諸都市の間に開設している。この間、1976年から1977年にかけてタイ国際航空は自社の全株を取得。1988年にタイ航空(TAC)と合併。1991年にはタイ証券取引所に上場し、株式を公開したが、1997年1月時点では、タイ政府(財務省)が92.9%の株式を保有していた。2004年より従業員持株制度を導入、2008年3月時点で政府の保有は約51%であった。
 スターアライアンスに1997年に加盟した。日本へは1960年(昭和35)、東京国際空港(羽田空港)に乗り入れ、2011年(平成23)時点で成田、羽田、関西、中部、福岡の5空港に就航している。
 2008年時点で、資本金は140億バーツ、世界35都市、国内12都市に就航しており、営業収入は2001億1800万バーツ。2009年時点の従業員数は約2万7000人。[上川孝夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

タイ国際航空
タイ国政府が資本金の51%を出資する大手国際航空会社。1959年に設立され、60年から運航を開始し、同年にバンコク-東京便も就航した。71年にオーストラリア、72年にヨーロッパ、80年に北米大陸へと航路を広げ、2019年11月現在でバンコクと世界60都市以上を結ぶ。しかし2010年代に入ると格安航空会社との競争などで収益が悪化し、19年12月期まで3期連続の最終赤字で、同年末の負債は日本円で約8000億円に上った。さらに20年初頭に始まった新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、4月から全便が運休となって返済が困難となった。同年5月、タイ政府は同社の会社更生手続きの開始を決め、事実上の経営破綻となった。今後は事業を継続しながら破産裁判所の管理下で経営再建を図る。

(2020-5-21)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイ国際航空」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タイ国際航空の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広ANZUS条約稲垣浩大庭秀雄社会福祉法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.