Rakuten infoseek

辞書

タイル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タイル
tile
建築の床面,壁面などの仕上げ材料として用いられる薄板状の粘土焼成品。現代ではコンクリート・タイル,プラスチック・タイル,ガラス・タイル,吸音材タイルなど,床,壁,天井などに用いられる薄板状の小型の仕上げ材料を,材質とは無関係にタイルと名づける傾向もある。煉瓦と同じく歴史は古く,装飾仕上げに用いられた施釉タイルに限定しても前3千年紀の前半までさかのぼることができる。古代エジプト,メソポタミアを中心とする西アジアでほぼ平行して発達,7世紀以降は主としてイスラム圏 (特にペルシア) を中心として発展した。ヨーロッパで普及しはじめたのは 12世紀頃からで,おもな用途は聖堂その他の公共建築物の床仕上げであった。 17世紀になると,青みを帯びた白地の上に人物画や風景画などを灰青色で描いたデルフト・タイルが人気となり,19世紀以降,生産方法が機械化されるにつれて,種類もふえ,性能も向上,20世紀に入ると,厨房,浴室,水泳プール,工場,実験室用など,装飾よりも機能本位,実用本位のものが発展した。現在,日本で使用されているものはきわめて種類が多いが,特殊なものを除いて,ほとんどが日本工業規格 JISに定める名称,形状,寸法,等級,品質,試験方法などに従っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本

タイル
現実のタイルを使ったように、四角い形をした領域や、それが並んだ状態のことです。特に、ウィンドウズ8スタート画面に表示される四角形の板状のものを指します。各タイルがソフトを呼び出すための選択項目になっているほか、ソフトの設計によっては、最新情報を表示する「ライブタイル」にもなります。
⇨ウィンドウズ8、スタート画面

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

タイル(tile)
陶磁器製などの薄板。壁・床などに張る仕上げ材。「タイル貼り」「リノリウムタイル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

タイル
屋外屋内を問わず、壁や床の保護、あるいは装飾用に多数張りつける板状の建材。材質は、陶磁器、コンクリート、プラスチックなど各種あり、一般的に住宅で使用されているものは、陶磁器タイルが主である。駆体に直接貼付けるため防水性に優れ、建築内部では、浴室や洗面所といった水回りに使われる事が多い。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タイル【tile】
建築材料ならびに装飾用として建築物の内外の壁面や床面を覆う陶製の薄板。ラテン語のtegula(狭義には〈陶製の屋根板〉,広義にはものを〈覆うこと〉の意)に由来する。近世以降,英語のタイルという語は屋根や壁や暖炉などの建築の表面にはられた薄板の意で,必ずしも陶製とは限らず,その素材によってブロンズ・タイル,マーブル(大理石)・タイル,スレート・タイルなどの呼称もある。一般に陶製のタイルは表面の釉薬や装飾様式によって鉛釉タイル,スズ釉のラスター彩ならびに色絵タイル,レリーフ・タイル,モザイク用タイル,象嵌タイルなどに分類されるが,その大きさや形状は時代や地域によってかなり異なる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

タイル【tile】
床や壁などに張りつける陶磁器製やプラスチック製の薄板。装飾をかねて仕上げに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

タイル【tile】
陶磁器製の薄板状の建材。耐火・耐水・耐摩耗性にすぐれ、風呂(ふろ)場の壁・床、台所の壁などに多く用いられる。建物の外壁に用いるものなどもある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タイル
たいる
tile
建築物の仕上げ材として内外の床、壁に用いる平板状の粘土焼成品。ラテン語のtegula(「覆う」の意)から派生したことばで、床、壁、屋根などを覆う板状の材料を意味するが、外国では屋根用の瓦(かわら)をも含んだ意味に用い、日本では床と壁用に限って用いる。
 粘土焼成品は一般に耐火性、耐久性に優れ、十分使用に耐える耐水性、耐摩耗性のものが得られる。このため、古くはエジプトやバビロニアなどの王宮や宮殿の床材に使われるなど、世界各地で広く使われてきた。
 タイルには、自由な形状、寸法のものを大量に生産することができ、また釉薬(うわぐすり)を施して焼成することにより、薄物であっても品質、性能を飛躍的に向上させられ、さらにさまざまな色調、模様のものが得られ、建築の美しさを増すことができるなどの特長がある。また、比較的施工が簡単で、施工後に亀裂(きれつ)が生じたり変色したりすることはほとんどなく、左官仕上げに比べて費用の面では高いが、コンクリート構造部を保護し耐久性を高めるなどの利点がある。清掃性もよく、衛生面を要求される台所や浴室、洗面所、便所などに欠かせない材料といえる。
 タイルの種類を素地の質からみると、磁器質タイル、(せっき)質タイル、半磁器質タイルおよび硬質陶器タイル、陶器質タイルに分けられる。一般に製法は、原料に珪砂(けいさ)、珪石、陶石、長石などの粉末に蛙目(がえろめ)や木節(きぶし)などの粘土を混ぜて用い、微粉砕して水練りし、成形して焼成(素焼き)し、施釉(せゆう)してふたたび焼成(本焼き)をする。磁器質タイルは、乾式法でプレス成形し、焼成温度は1250℃以上で、硬度が高く素地が磁器質化しているため吸水率は1%以内で、とくに耐久性がよい。床用、内外壁用として用いられる。モザイクタイル、階段用ノンスリップタイルもある。器質タイルは、湿式法で押出し成形し、焼成温度は1200~1350℃で、吸水率は5%程度である。床用タイルとして多く用いられるが、最近は厚手のタイルで外装用としてもよく用いられる。半磁器質タイル、硬質陶器タイルは、乾式法で、素地はほぼ白色、吸水率は15%以下で釉薬を施し、便所、浴室、洗面所の床に用いる。陶器質タイルは、乾式法で1000~1200℃で焼成して釉薬を施す。多孔質で20%近い吸水率がある。用途により、床用タイル、内壁用タイル、外壁用タイルに分けられる。とくに外壁用タイルを寒冷地に用いる場合は、凍結融解を防ぐために吸水率が1%以下で裏足のあるタイルを使用する。
 タイルの施工は、下地に張付けモルタルを施し、タイルを張り付けたのち、目地(めじ)モルタルで仕上げする。タイルの付着性と施工能率をよくするためさまざまな張り工法がくふうされているが、近年外壁用では、これをさらに進め、型枠にタイルを先付けしコンクリート躯体(くたい)と一体化する工法がよく用いられるようになってきている。[高橋泰一]
 本来タイルは建築物の外装、内壁や床面を飾ったり、水回りを覆う実用的建築素材であるが、その起源は古く、紀元前4000年代のエジプトやメソポタミア地方では、彩色されたタイルが神殿や墳墓の一部に用いられていた。また、タイルが著しい発展をみたイスラム世界では、すでに13世紀ごろからモスクや王宮に用いられ始め、やがて民衆の住宅にまで用いられるようになった。他方ヨーロッパでは、中世の末期から、大理石の乏しい中部ヨーロッパで、鉛釉をかけた緑や黄色のタイルが教会や宮殿の床面を覆っていたが、近世初頭、イスラムの支配下にあったイベリア半島で錫釉陶器が焼かれるようになると、オリエントから伝えられたさまざまな技法の装飾タイルが生産され、住宅の玄関や腰壁を飾った。錫釉色絵タイルは17世紀に入ってオランダで著しい開花を示し、建築装飾を越えて、陶板画や大きなタイル絵が制作された。[前田正明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

タイル
〘名〙 (tile) 壁面・床面などに張付けて仕上げに用いられる土木建築用陶磁器。アスファルトタイル・プラスチックタイル・ゴムタイル・ガラスタイルなど陶磁器以外のものを含めていうこともある。
※風俗画報‐二七三号(1903)土木門「床にタイルを敷く、タイルは敷瓦(しきがわら)の類、水も注がむか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タイルの関連情報

他サービスで検索

「タイル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.