Rakuten infoseek

辞書

ゾエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゾエ
Zōē Porphyrogenētē
[生]978
[没]1050
ビザンチン皇帝 (在位 1042) 。ロマヌス3世の皇妃。コンスタンチヌス8世の娘。父帝に息子がいなかったため,50歳代になってロマヌス3世と結婚,父の死後帝位にあった夫を宦官ヨハネスと謀殺し,その弟のミカエル4世と結婚。4世の死 (41) 後,4世の甥のミカエル5世に修道院に送られたが,首都コンスタンチノープルの住民の支持で復帰,妹のテオドラと共同統治者となった (42) 。次いでコンスタンチヌス9世と3度目の結婚をし3人が共治。その後は信仰に生き,科学の粋を集めた化粧薬をつくらせて使用し,死ぬまで美しさを失わなかったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゾエ【Zōē】
978‐1050
ビザンティン帝国女帝。在位1042年。父コンスタンティノス8世の死後2度結婚(1028年ロマノス3世,1034年ミハエル4世),後にミハエル4世の甥ミハエル5世の反逆を市民の支持で打ち破り,妹テオドラと共同統治した(1042)。同年コンスタンティノス9世と3度目の結婚をし,夫が即位した後は以前の奔放な生活に終止符を打った。道徳的退廃と文化の爛熟宮廷革命後継者争い,国費の乱費と国政弛緩に象徴されるマケドニア朝(867‐1056)時代の代表的人物である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ゾエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゾエの関連情報

関連キーワード

中央大学ラクーンズグッズ呉越天元オットー2世小右記宋の時代(年表)SXGA+

他サービスで検索

「ゾエ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.