Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ソース

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソース
source
電子工学分野において用いられる語で,電界効果トランジスタ FET一部分名称キャリアチャネルへ送り込む入口,およびその電極をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソース
sauce
欧米では液状調味料総称であるが,日本では通常は野菜,果物主体としてつくったウスターソースのことをいう。なお,欧米ではウスターソースはほとんど用いられていない。ソースの種類はきわめて多く,調理用ソースと食卓用ソースに大別できる。調理用にはトマトソース,アンチョビーソース,チリソーストマトケチャップマヨネーズなどがあり,また,肉,魚,野菜料理のそれぞれに応じてつくられるホワイトソースベシャメルソースなどがある。食卓用はどの料理にも風味を添えることができるもので,ウスターソース,トンカツソースがその代表的なものである。日本で市販されている食卓用ソースは次のように製造されている。野菜,こんぶなどのエキスに非揮発性の辛味料を加えて煮出し,さらに,揮発性香辛料を加えて煮出す。これに各種の調味料,着色料を加えて 10~100日間ぐらい熟成させて製造する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本

ソース
料理のソース(sauce)ではなく、「出所」「出典」を味する「source」です。パソコンの世界では、データの中にそのデータを扱うソフトに対する指示や追加の情報が含まれていることがあります。例えばウェブや電子メールでは、ブラウザやメールソフトがサーバーから受信したデータをもとに表示内容を決めます。ソフトがこうした処理をする前の元データをソースといいます。「プログラムのソース(ソースコード)」という場合は、パソコンで実行できるようにする前の、作者がプログラム言語に従って処理手順を記述したもののことです。
⇨HTML、プログラム言語

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ソース(sauce)
洋風の液体調味料、または、かけ汁。種類が非常に多く、ホワイトソーストマトソースブラウンソースなどがある。また一般に、調味料のウースターソースのこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソース(source)
出どころ。みなもと。「ニュースソース

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ソース
 液体調味料の総称.狭義にはウスターソース.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

ソース【sauce】
西洋料理や菓子などにかけて味をひきたてる液体・流動体の総称。中にみじん切りにした別の食材などを混ぜ込んで作るものもある。料理の一部として作るほか、調味料として市販されているものもある。また、煮込み料理に用いるものもある。
②①のなかで、特にウスターソース。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集

ソース
コンピュータに対する一連の指示、稼動可能なプログラムを構成している元テキスト。

出典:(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ソース【sauce】
西洋料理の調味用の液体または半流動体のもの。ソースの語源はラテン語のsalsus(塩をしたの意)で,さらにsal(塩)までさかのぼることができる。ソースの原形は古代ローマで盛んに作られていた調味料〈ガルムgarum〉にみられる。ガルムは,サバ,アンチョビー,ニシンなどの魚の内臓に入れ,塩を加えて発酵させてできた汁をこしたもので,これを料理にふりかけたり,,水,油などと合わせて用いていた。 ソースは,食卓でまたは調理中に用いる調味料と,料理の一部として作られるものとに大別される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ソース
そーす
sauce

魚、肉、野菜料理、菓子、デザートの添え汁として料理にかけたり、その汁で煮込むことによって料理が独特のうまみを発揮する「とろみのある素(もと)汁」をソースという。ソースは主材料の持ち味を高めるものとして用い、ソースを加えることによって料理の個性が際だち、さらに他との調和がとれるならば、調理は成功したといえる。

 ソースの歴史はローマ時代にさかのぼるとされるが、当時のものは現在の姿と遠く離れている。ソースは王朝文化のなかで発達し、19世紀に入って近代フランス料理のなかで磨かれ、発展した。ソースの語源はラテン語のsal(塩)やsalsus(塩漬けの)から転化したといわれている。ソースの数は非常に多く、300とも500ともいわれているが、いずれも基本の10種足らずのソースに変化を加えたものである。日本でソースといえば、ウースターソースが該当するとされ、料理用ソースと混同されがちであった。ウースターソースはイギリスのウースターでつくられる辛味の強いソースで、生ガキなどに数滴落として食べるためのものであったが、しょうゆに色が似ているところから、料理の上からどっぷりかけるものと受け取られてきた。明治時代日本に上陸後は日本風に改良され、独特の洋風ソースとなった。とんかつソース、中濃ソースなどは、和製洋風料理用につくられたものである。タバスコソース、チリソース、トマトケチャップ、アンチョビーソースなどは、香辛料、調味料として食卓に並べられる場合もある。

[小林文子]

おもな料理用基本ソース

温かいソース、冷たいソース、その他のソース、デザート用ソースなどがある。

(1)温かいソース 白色系ソース、茶褐色系ソースがある。白色系ではベシャメルソースsauce béchamel(フランス語)が基本的で、バターと小麦粉の割合を同量から1.5倍にし、焦がさないように炒(いた)めて、温めた牛乳でのばし、塩、こしょう、ナツメグ、ローレルを入れ、軽く煮つめてつくる。ブルーテソースsauce velouté(フランス語)は、ルウを軽いクリーム色に炒め、白いだし汁でのばして生クリームを入れてつくる。茶褐色系ソースのブラウンソースsauce brune(フランス語)は、ルウを時間をかけてゆっくりと鳶(とび)色に焦がし、茶色のだし汁でのばしたものをいう。ドミグラスソースsauce demi-glace(フランス語)はブラウンソースに濃縮肉汁やマデラ酒を加えたもの、またエスパニョルソースsauce espagnole(フランス語) はブラウンソースにトマトペーストを加えて煮込んだものをいう。このほかトマトソースなどがある。

(2)冷たいソース サラダ料理などに用いられる。ビネグレットソースsauce vinaigrette(フランス語)はフレンチドレッシングともいい、酢と油でつくったソースである。油の量は酢の量より2~4倍は必要である。ショーフロアソースsauce chaud-froidは、冷製の魚・肉を覆うゼラチンを加えたソースをいう。このほかマヨネーズソースなどがあり、変形のタルタルソースは、マヨネーズソースにタマネギ、キュウリ、パセリ、ピクルス、ゆで卵の細かく刻んだものに、レモン汁などを入れたものをいう。

(3)その他のソース 冷たいソースに入るが、高級なソースとしてオーランデーズソースsauce hollandaise(フランス語)、ベアルネーズソースsauce béarnaise(フランス語)がある。オーランデーズソースは卵黄とレモンを使ったもの、ベアルネーズソースは白ワイン、エストラボン、卵黄、バター、酢、パセリ、タマネギなどを使う。このほかグレイビーソースgravy sauceはアメリカの家庭料理でよく使われるソースで、焼き肉の際の肉汁を漉(こ)して、塩、こしょうで調味したものをいう。

(4)デザート用ソース 菓子、果実などに使われる。カスタードソースcustard sauceは卵と牛乳でつくったもの、サバヨンソースsauce sabayon(フランス語)は卵を湯煎(ゆせん)しながら泡立て、ラム酒で香りをつけた温かいソースをいう。このほか、泡立て生クリームcrème chantilly(フランス語)、ジャムの裏漉しソースsauce confiture(フランス語)、カラメルソースsauce caramel(フランス語)などがある。

[小林文子]

基本ソース用だし汁の作り方

ソースをつくるうえでたいせつなことは、うまいだし汁(フォン)で、上手に炒めたルウを溶きのばすことにある。白いソースは白いルウを白いだし汁でのばし、魚料理のソースには魚のだし汁が必要である。

(1)白いだし汁fond blanc(フランス語) 仔(こ)牛、鶏肉、骨、芳香野菜、スパイスを煮て漉す。

(2)茶色のだし汁fond brun(フランス語) 牛すね肉、仔牛、鶏、骨などを野菜とともに炒めて色づけしてから、ゆっくり煮だす。

(3)魚のだし汁fumet de poisson(フランス語) よく洗った魚のあら、芳香野菜、白ワイン、レモン、水を中火にかけ、静かに沸騰させ、あくをすくい取り、20分煮て、漉してから煮つめる。

(4)濃縮肉汁glace de viande(フランス語) 骨や肉を長時間煮だして、肉のゼラチン質を出したもの。煮つめて上等のソースの仕上げに用いる。ゼリー分に富むため、冷やすと固まる。

 ソースにとろみをつけるには、バター、小麦粉を炒めたルウ、リエゾンなどを用いる。リエゾンはソースの仕上げどきに入れて、濃度、うま味、風味をつけるもので、バター、生クリーム、卵黄、ブールマニエ(柔らかくしたバターを小麦粉と混ぜ合わせたもの)などをいう。ソースのでき・不できは料理の味を支配し、食べるという人生の楽しみの一つに大きく影響する。

[小林文子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ソース
〘名〙 (sauce) 西洋料理の味や色をひきたてるために食物にかける液状の調味料。原料・製法によりホワイトソース・ブラウンソース・マヨネーズソース・トマトソース・カレーソース系に大別できる。日本では調味料のウースターソースをさすことが多い。
※匏菴十種(1869)〈栗本鋤雲〉暁窓追録「英に『ソーヅ』と名る醯あり甚た我の醤油に似たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソース
〘名〙 (source)
① 出所。みなもと。よりどころ。〔外来語辞典(1914)〕
② 「ニュースソース」の

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ソース【source】
「ソースコード」の略。⇒ソースコード

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.