Rakuten infoseek

辞書

ソレノイド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソレノイド
solenoid
円筒形に導線螺旋状に長く巻いたコイル。ソレノイドの半径a メートル,長さを l メートル,1m あたりの巻数を n とすれば,電流 I を流すときのソレノイドの中心の磁場 H である。半径に比べて長さが十分に長いとき磁場は HnI になる。ソレノイドの自己インダクタンス L は,LKμπa2n2l で与えられる。μ は鉄などを入れたときの芯物質の透磁率で,空芯のときは空気の透磁率 μ0=4π×10-7 を用いる。K は半径と長さの比 a/l の関数で,長岡半太郎によって計算されたので,長岡係数と呼ばれる。十分に長いソレノイドでは K=1 である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ソレノイド(solenoid)
導線をらせん状に巻いた円筒状のコイル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ソレノイド【solenoid】
導線を円筒状に均一に巻いたコイル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ソレノイド
〘名〙 (solenoid) 導線を一様に細長い円柱状に巻いたコイル。電流を流すと、その中に一様な磁界を生ずる。線輪筒ll>(せんりんとう)。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソレノイド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソレノイドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.