Rakuten infoseek

辞書

ソプラノ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソプラノ
soprano
女声の最高声域。音色や表情によって,ドラマティコ,レジェーロ,スフォガート,アクート,スブレットなどに分けられる。また軽やかな転がるような曲を得意とする声種をコロラトゥーラ・ソプラノと呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ソプラノ(〈イタリア〉soprano)
女声の最高音域。また、その声域の歌手。
対位法の楽曲で、最上声部。
同一属の楽器の中で最も音域の高いもの。「ソプラノサックス」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ソプラノ【soprano[イタリア]】
最高声域(図)。普通は女声のおよそ1点ハから2点イまでの音域をいうが,女性の登用が禁じられていた中世・ルネサンスの教会多声音楽では,高いテノールやファルセット(裏声)を用いる男声ソプラノ,または声変り前のボーイ・ソプラノがこれに代わった。ソプラノの語が最上声部の意で定着するのは16世紀後半で,イタリア各地の宮廷の世俗音楽活動が隆盛に向かい,女声の特性と高い音域を意識したマドリガーレや祝祭音楽などが書かれるようになり,17,18世紀のオペラやカンタータの主役を演ずる華やかな独唱ソプラノの開拓につながっていく。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ソプラノ【soprano】
女声の最高声域。また、その声域をもつ歌手。男児の声にもいう。
同族楽器の中で最高の音域を受け持つもの。 「 - サックス」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ソプラノ
そぷらの
soprano イタリア語 英語 フランス語
Sopranドイツ語
音楽用語。次の4種の用法がある。
(1)多声楽曲における最上声部をさす。西洋音楽史において、この語が定着して用いられるようになったのは16世紀後半で、『和声論』Le istitutioni harmoniche(1558)を著したツァルリーノ(ザルリーノ)Gioseffe Zarlino(1517―90)もこの意味でソプラノの語を用いている。15~16世紀では、最上声部をさす語としてカントゥスcantusやディスカントゥスdiscantus(いずれもラテン語)などの語もみられる。一方、17世紀にはトレブルtreble(英語)の語が同義で使用されている。
(2)女声のなかでもっとも高い声域をさす。その音域はおよそB3―B5であるが、独唱の場合にはF6を要求されることもある。オペラに登場するソプラノはその声質や歌唱法によって細かく分類され、おもなものに、力強く劇的な表現を必要とするソプラノ・ドラマティコsoprano dramatico、叙情的で甘い性格をもつソプラノ・リリコsoprano lirico、玉を転がすような声質でもっとも高い声域を歌うコロラトゥーラcoloratura(いずれもイタリア語)などがある。そのなかでとくにリリコは、声質のより軽いリリコ・レッジェーロlirico leggieroと、より重いリリコ・スピントlirico spintoとに区別される。なお、女声に限らず、同じ音域をもつ男声や声変わり前の男児も、メール・ソプラノmale sopranoやボーイ・ソプラノboy sopranoのようにソプラノとよばれる。
(3)17~18世紀にみられる数種の音部記号のなかで、ソプラノ声部用に使用されるものをソプラノ記号という。ハ音記号により、五線譜の第一線をC4音と定めたもので、高音域のソプラノ声部にとって、五線譜に加えられる加線が最小限度に抑えられる。
(4)数種の大きさがある同一楽器のなかで小さいもの、つまり高音域を奏するものにソプラノの語が付加される(例、ソプラノ・リコーダー、ソプラノ・サクソフォーン)。なお、ソプラノよりさらに小さい楽器には、ソプラニーノsopranino(イタリア語)があてられる。[黒坂俊昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ソプラノ
〘名〙 (soprano)
① 女声の最高音域。また、その声域をもつ歌手。声質でコロラチュラ、メゾ、技巧でドラマティコ、リリコの別がある。
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉一「『二人とも女性の合唱の中で見掛けましたかな』『然(さ)うです〈略〉それ、那時(あのとき)の汽笛のやうなソプラノですね』」
② 和声や対位法で最高音のパート。また比喩的に、高い音。
※葉書(1909)〈石川啄木〉「オルガンの音を聞いて居た。バスの音(おん)とソプラノの音とが、つかず離れずに縺(もつ)れ合って」
③ 同一属の管楽器のうち最も高い音域をもつもの。「ソプラノサックス
※風俗画報‐三二二号(1905)人事門「又サクサホーヌのソプラノ以下は、最高音、中音、次中音、低音の四音調を分けたるもの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソプラノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソプラノの関連情報

他サービスで検索

「ソプラノ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.