Rakuten infoseek

辞書

ソブレロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソブレロ
Sobrero, Ascanio
[生]1812.10.12. カザーレ
[没]1888.5.26. トリノ
イタリアの化学者。 J.ベルセーリウスや J.リービヒのもとで学ぶ。トリノ大学化学教授 (1847) 。 1846年硝酸とグリセリンから,強い爆発力をもつニトログリセリンを合成した。のちに A.B.ノーベルがこれを火薬として工業化した (1862) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ソブレロ【Ascanio Sobrero】
1812‐88
イタリアの化学者。カザレで生まれ,J.J.ベルセリウスやJ.vonリービヒのもとで化学を学び,1849年トリノ工科大学の化学教授となる。1846年グリセリンの硝化によりニトログリセリン(当初ピログリセリンと呼ばれた)を発見した。きわめて高い起爆性をもつことから,彼自身はその工業的製造・利用への道をためらったが,60年代にA.B.ノーベルによりスウェーデンで工業化が実現された。【古川 安】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ソブレロ
そぶれろ
Ascanio Sobrero
(1812―1888)
イタリアの化学者。モンフェラトのカゼレに生まれる。パリとギーセンの大学においてベルツェリウスやリービヒの教えを受け、1849年にチューリン大学の化学教授となり1882年まで在職した。1847年、グリセリンを混酸(濃硫酸と濃硝酸との混合液)中に静かに注ぐことによりニトログリセリンを得、その強い爆発性をみいだした。その取扱いの不便さと爆発しやすさのために彼は利用を断念したが、のちにノーベルによってダイナマイトとしての利用法が発明され(1866)、土木や工業にきわめて大きな貢献をなした。[川野辺渉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソブレロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソブレロの関連情報

関連キーワード

第2次英米戦争第2次英米戦争ウィリアムズゴンチャロフティツィング赤尾丹治ゴンチャロフティチングチャイルド・ハロルドの遍歴ピール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.