Rakuten infoseek

辞書

ソフホーズ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソフホーズ
sovkhoz
ソビエト連邦の国営農場。 sovetskoe khozyaystvoの略で,ソホーズともいう。コルホーズとともに社会主義農業経営の基本形態とされた。土地や生産手段が国家的 (全人民的) 所有の農場で,農民の共同経営というたてまえと部分的個人所有の容認を原則とするコルホーズと違って,国営工場,企業と同じ性質をもち,従業者は国家から賃金の支払いを受ける。十月革命により没収された大地主の農場を母体とし,農業機械や近代技術を導入,模範農場としての役割を担っていた。 1954年補助金が廃止され,1967年頃からある程度自立的な生産計画も行なわれてきた。 1991年コルホーズとともにソフホーズからの農民の独立が認められるようになり,再編が進んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ソフホーズ(〈ロシア〉sovkhoz)
《「ソホーズ」とも》大規模な機械化農業を行った、ソ連の国営農場。1919年に発足。協同組合的なコルホーズと異なり、生産手段はすべて国有で、労働者は賃金の支払いを政府から受けた。1991年、ソ連解体後、一部自営農化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そふほーず【ソフホーズ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ソフホーズ【sovkhoz】
旧ソ連の国営農場。ロシア革命直後、地主の農場を国家が直接経営したことに始まる。生産手段はすべて国有化され、労働者は国家から賃金の支払いを受けて大規模な機械化農業を行なった。ソホーズ。 → コルホーズ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ソフホーズ
そふほーず
совхоз sovhoz ロシア語
旧ソ連における農業の経営形態の一つで、советское хозяйство/sovetskoe hozyaystvo(ソビエトの経営)の略称。一般に国営農場と訳される。ロシア革命直後の土地改革で旧地主領地は農民に分割されたが、若干のものは国営とされ、集団農場を組織していくうえでの模範農場とされたのが起源である。個人農中心だったネップ期から、1930年代になるとコルホーズ(協同組合農場)を主とした集団農場化が進められたが、ソフホーズでは10万~20万ヘクタールという超巨大面積のものもみられ「ギガント」とよばれた。スターリン時代を通して、ソフホーズは農業生産力総体でみてコルホーズのほぼ10分の1程度であったが、エム・テー・エス(機械・トラクター・ステーション)に次いで機械装備度はよく、党員比率も高かった。賃金もコルホーズより高かったが、そのことも一因で経営的にはむしろ赤字であった。
 フルシチョフ農政の展開(1953~64)でソフホーズの地位は大きく変化する。カザフスタンの処女地開拓などではソフホーズが多く創設されたし、また経営力の弱いコルホーズを国家でてこ入れしつつ統合しソフホーズに転じていく政策が精力的に進められた。コルホーズは社会主義的には低い段階であるというスターリン以来の理論もあり、また実際、公的セクターでの賃金はソフホーズのほうがかなり高く維持されていたので、ソフホーズ化が生産力向上につながるという期待がもたれたのである。こうしたソフホーズ化をブレジネフ農政(1965~82)も引き継いだので、ソフホーズは経営数、労働者数、社会化経営の家畜数などでコルホーズのそれに接近したほか、播種(はしゅ)面積、トラクター、コンバイン数などではコルホーズを上回るようになった。崩壊前、ソ連農業の社会化セクターはソフホーズとコルホーズに二分されていたといえる。しかし、実質上は、財務、価格、人事などいろいろの面で両類型の接近は著しく、全体として「農業の国有化」が進んでいたといえる。
 しかし、ソフホーズ化が「弱い遅れた」コルホーズを多く抱え込んだことからも推測されるように、経営的にはソフホーズは赤字が続き財政資金の持ち出しとなっていた。経営を国営化し、賃金水準をあげていっても、生産の集約化、生産性向上が伴っておらず、ソフホーズ化が「粗放化」にさえ連なるということに原因があったとみられる。ソフホーズはコルホーズに比較し、ある農産物への特化の傾向が強いのであるが、そうした専門化の利点が十分発揮できなかったのであろう。ソ連解体後、ほとんどの国でソフホーズは「私有化」「株式化」「協同組合化」の過程に入ったが、大圃場(ほじょう)・大機械化主義で営まれてきた集団農業の技術的性格からも実質的解体は順調に進んだとはいえない。[中山弘正]
『中山弘正著『ソビエト農業事情』(1981・日本放送出版協会) ▽荒田洋著『農業』(倉持俊一編『等身大のソ連』所収・1983・有斐閣) ▽金田辰夫著『ソ連農業の構造問題』(1984・農林水産技術情報協会) ▽中山弘正・上垣彰・栖原学・辻義昌著『現代ロシア経済論』(2001・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ソフホーズ
〘名〙 (sovhoz 元来 sovjetskoje hozjajstvo の略)⸨ソホーズ⸩ 旧ソ連の国営農場。コルホーズとともに、ソ連農業の重要な経営形態の一つ。革命時に没収した地主の大農場を基礎として作られたが、のちには未開地にまで拡大された。大規模な機械化農業経営を行ない、労働者は賃金の支払いを政府から受けた。ソ連崩壊後、一部自営農化されたが、改編後もこの形態は継続して存在している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソフホーズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソフホーズの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.