Rakuten infoseek

辞書

ソフトウエア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソフトウエア
software
コンピュータ用のプログラムの総称。最近ではより広く,システム設計技術や処理方式など,コンピュータの利用技術全般を意味する言葉として使われることもある。ソフトウエアに対する言葉として,コンピュータシステムの電気的物理的なものをハードウエアという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ソフトウエア
ハードウエア」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

ソフトウエア
パソコンに読み込ませると、特定の作業を実行させられるプログラムやデータの集まりです。単に「ソフト」と呼ぶことも多いです。ワープロ、表計算、ブラウザ、ゲームなど、いろいろな分野のアプリケーション・ソフト群と、それらの動作基盤になるOSに大別できます。
⇨ハードウエア

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ソフトウエア(software)
機器類を用いて行う物事の、情報・理論など無形の部分。SW。⇔ハードウエア
コンピューターの、処理の手順を示すプログラムの総称。SW。⇔ハードウエア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ソフトウエア【software】
コンピューター-システムに関係するプログラム。システムの運用に関する文書化された情報を含めることもある。ソフト。
映像・音楽・マルチメディアなどの作品。
特にハードウエアに対して、知識や思考による産物を集積したもの。 → ハードウエア

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソフトウエア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソフトウエアの関連情報

他サービスで検索

「ソフトウエア」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.