Rakuten infoseek

辞書

ゼーマン効果【ゼーマンこうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゼーマン効果
ゼーマンこうか
Zeeman effect
P.ゼーマンは,発光する原子磁場の中に置くと,もともと1本であったスペクトル線が数本に分れることを見出した。これをゼーマン効果という。正常ゼーマン効果では,1本のスペクトル線が3本に分れ,その間隔は μBH に等しい ( μBボーア磁子H は磁場の強さ) 。一般に,スペクトル線の分裂の様子はもう少し複雑であり,異常ゼーマン効果と呼ばれる。ゼーマン効果が起るのは,原子内の電子が軌道角運動量やスピン角運動量をもっているため,磁気モーメントをもち,磁場の中に置かれると磁気モーメントの向きによってエネルギーが変るためである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゼーマン‐こうか〔‐カウクワ〕【ゼーマン効果】
強い磁界の中で原子を発光させると、スペクトル線が数本に分かれる現象。1896年ゼーマンが発見。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

ゼーマン効果【Zeeman effect】
磁場のない状態で,原子の全角運動量を J とすると,エネルギー準位は J の成分 M(-J から +J までの2J+1個ある)については縮退している.これが磁場の中におかれると,縮退が解けて分裂が起き,その分裂の幅は,磁場の強さを H としたとき,βB&scriptg;MH となる.ここで βB はボーア磁子,&scriptg;ランデの &scriptg; 因子*である.分裂したエネルギー準位間の遷移の選択則は,⊿M=0または ±1である.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゼーマンこうか【ゼーマン効果 Zeeman effect】
光源を磁場の中においたとき,原子のスペクトル線(発光線)が分裂する現象。1896年,P.ゼーマンがブンゼン炎中の食塩から発するナトリウムのD線が1T程度の磁場中で広がるのを観測したのが最初で,彼は,すぐ後に分解能を改良して発光線が実は数本に分裂していることを確認した。発光線の分裂は,初めH.A.ローレンツによって古典力学に基づいて説明されたが,完全な説明は量子力学によらねばならない。発光線が分裂するのは,電子の磁気モーメントと磁場の相互作用によって原子内の電子のエネルギー準位が分裂するためである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゼーマンこうか【ゼーマン効果】
磁場の影響で原子・分子・原子核などのエネルギー準位に変化が起こり、いくつかに分裂するために生じる現象。光源を磁場内におくとき、それらが出す光のスペクトル線が何本かに分裂する現象としてゼーマンが発見。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゼーマン効果
ぜーまんこうか
磁場中に置かれた原子や分子の発光または吸収スペクトル線が、磁場の作用によって分裂する現象。1896年オランダの物理学者P・ゼーマンが発見した。彼は、ナトリウムの黄色線(D線)の幅が磁場中で広がることを観測した。数年後にH・A・ローレンツは古典的電磁気学理論に基づき、スペクトル線の放射は原子内電子の回転によって生ずると考え、磁場によって電子の回転数が変化することを理論的に示し、ゼーマン効果を説明すると同時に、光の放射の原因を解明することに成功した。ゼーマン効果によって分裂したスペクトル線の各成分線は、磁場の方向から観測すると、左または右回りの円偏光であり、磁場に垂直な方向から観測すると、磁場の方向に偏りをもつ直線偏光(π(パイ)成分)と、磁場に垂直な方向に偏りをもつ直線偏光(σ(シグマ)成分)とからなっている。後者のほうが磁場のない元のスペクトル線の位置からのずれが大きい。原子の状態が電子のスピン(電子の固有角運動量で、当初は電子の自転のために生じたものと考えられた)に関係しない場合には、磁場に垂直な方向から観測するとき、スペクトル線はσ、π、σの3本に分裂する。これを正常ゼーマン効果による三重線という。電子のスピンが関係している状態では、ゼーマン効果はもっと複雑で、本数も多く、また分裂間隔も前述の値ではなくなる。この場合を異常ゼーマン効果という。磁場の強さが非常に強い場合には、異常ゼーマン効果による複雑な分裂線も、大きく分ければ三つの群をなし、間隔は正常ゼーマン効果の値に近い。この現象をパッシェン‐バック効果という。
 原子や分子にみられる磁場によるエネルギー準位の分裂は、液体や固体においても現れ、それによる光学的性質の変化を一般に磁気光学効果という。固体においては、発光スペクトルや吸収スペクトルの線幅は一般に非常に広いので、磁気光学効果もスペクトル線の分裂としては観測できないが、ファラデー効果(物質中を磁界に平行に直線偏光を通したとき、偏光面が回転する現象)や、磁気円偏光二色性(物質を通過する際に生ずる吸収の強さが、右回り円偏光と左回り円偏光とで異なる現象)として観測される。[尾中龍猛・伊藤雅英]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゼーマン‐こうか ‥カウクヮ【ゼーマン効果】
〘名〙 光を発する原子を磁界の中におくと、線スペクトルが数本に分かれる現象。一八九六年、オランダの物理学者ゼーマンが発見した。磁界内で原子の磁気モーメントが、不連続ないくつかの向きしかとり得ないことに起因する。〔原子の構造(1924)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼーマン効果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゼーマン効果の関連情報

他サービスで検索

「ゼーマン効果」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.