Rakuten infoseek

辞書

ゼリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゼリー
jelly
ペクチン,ゼラチン寒天,アルギン酸などの膠質分を主体として固めた食品。本来はペクチン質に富む果実を煮てペクチンを溶出させ,これに砂糖を加えて煮つめた果実ゼリーをゼリーと呼んでいたが,ゼラチンあるいは寒天に砂糖,果汁,香料などを加えて凝固させたゼラチンゼリー寒天ゼリーなどの人工ゼリーも一般にゼリーと呼ばれている。果実ゼリーは製品中のペクチンの量と質,および酸と砂糖の量の割合によってさまざまな固さのゼリーができる。製品の糖度が 65%前後のものでも有機酸の添加により,ペクチン含量 0.5~1%で強く固まる。ゼラチンは3~5%のゼラチン溶液に砂糖,果汁あるいは生クリームや卵白を泡立てたものを加えて冷却凝固させる。ゼラチンゼリーは腰が強いのが特徴で,市販されている多くのものはこれである。寒天ゼリーは酸性のときには固まりにくいが,比較的高温でも溶けないので缶詰などに使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゼリー(jelly)
《「ジェリー」とも》
ゼラチン寒天ペクチンなどの凝固する性質を利用して材料を固めた冷菓や冷製料理。ジュレ 夏》「うす茜ワイン―は溶くるがに/草城
肉汁などの煮こごり
コロイド溶液がそのまま固まりになったもの。1に似た状態のもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ゼリー
 ゼラチン,寒天,ペクチンなどで作るゲル状の食品.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

ゼリー【jelly】
ゼラチンや寒天を用いて、または肉や魚に含まれるゼラチン成分を煮出した汁を冷やし固めて作る、弾力性のある洋菓子または料理。特に、果汁・ワイン・コーヒーなどに砂糖を加え、ゼラチンを用いて冷やし固めた菓子をさすことが多い。
◆「ジェリー」「ジュレ」ともいう。「ジュレ」はフランス語。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゼリー
動物性のゼラチン,植物性のペクチンや寒天を利用して冷やし固めた菓子や料理。英語のジェリーjellyとフランス語のジュレgeléeは,ともにラテン語のgelare(凝(こご)る,凍るの意)から派生した言葉で,半透明で軟らかく,弾力性に富んだものを指す。ゼラチンは,ウシ,ブタ,クジラなどの骨や皮を煮出してとったコラーゲンを精製したもので,板状と粉末状のものがある。ペクチンは植物の細胞膜に含まれている成分で,酸と糖と水を加えて加熱冷却すると凝固する性質がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゼリー【jelly】
ゼラチンまたは寒天などで固めた食品。
果汁に砂糖を加えて煮詰めペクチンを固めたもの。ジェリー。 〔「車厘」とも書く〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゼリー
ぜりー
jelly英語
geleフランス語
ゼラチンや寒天の凝固性を利用してつくった冷菓、冷製料理の総称。透明な美しさをもっているので、菓子や料理の表面にかけて光沢を出し、さらにそれらを美化する。ゼリーの原料は植物性と動物性の2種類があり、植物性では、果実に含まれているペクチンの凝固性が果物類を煮るときの凝固性を助ける。動物性では、動物の骨、皮、腱(けん)などの結締組織を原料とするもので、ゼリー料理の主役をなしている。
 種類としては、固形状のものと粉末状のものがある。固形状のものはそのまま水に浸して、水を吸収させて使用する。粉末状のものは、その量の3倍から5倍の水を加えて、水を吸収したところでそのまま湯煎(ゆせん)にし、溶かして使用する。調理の際注意を要する点は、ゼラチンは60℃で溶ける性質をもっているので、70~80℃くらいの熱湯で溶かす。煮立てて溶かす必要はない。
 ゼラチンを用いて固める材料は、ワインなどの洋酒類、キュラソー、ペパーミント、果汁、果実、牛乳、コーヒーなど。また洋酒と果実、牛乳と果実の組合せでつくることもある。牛乳、コーヒー、果実、果汁などを別々に凝固させ、それらを型に互いに入れ混ぜると、マーブルのように美しい変化に富んだ菓子ができる。料理の場合は、カニ、エビ、白身の魚、鶏肉、卵など淡泊な材料をゼラチンで固め、「ゼラチン寄せ」「寒天寄せ」として利用される。溶けやすいアイスクリームなどにも凝固性を利用して、少しでも長く保つために使用される。コンソメなどにもゼラチンを入れ、滑らかなゼラチンでスープの舌ざわりをよくするゼリーコンソメとして利用されるなど、利用度は高い。[小林文子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゼリー
〘名〙 (jelly)
① ゼラチンを溶かし、砂糖や果汁などを加えて型に流し、冷やし固めて作った食品。《季・夏》
※風俗画報‐一三四号(1897)人事門「缶詰屋の店頭には何れも缶詰の外に酢漬、糠蔵、蜜漬油漬、煮膏(ジャム)、凍膏(ゼリー)等の諸物を備へあれども」
くだものの汁に砂糖を加え、煮つめて作った菓子。
③ 肉汁の煮こごり。
④ コロイド溶液がその分散媒を含んだまま弾性的な固まりとなった状態。また、そのもの。狭義のゲルに等しい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゼリーの関連情報

他サービスで検索

「ゼリー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.