Rakuten infoseek

辞書

ゼノドトス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゼノドトス
Zenodotos
[生]前325頃
[没]?
ギリシアの文献学者。アレクサンドリア図書館の初代館長。諸地に伝わるホメロス本を集めて校合し,ホメロス定本設定の基礎を築いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゼノドトス【Zēnodotos】
前325ころ‐前260ころ
アレクサンドリアの文献学者。エフェソスに生まれる。文法家フィレタスPhilētasの弟子。プトレマイオス2世によりアレクサンドリア図書館の初代館長に任ぜられ,アイトリアのアレクサンドロス,リュコフロンらとともに各地から集められた巻本を整理分類し,テキストの校訂を行う。とくにホメロス,ヘシオドス,アナクレオン,ピンダロスを研究し,ホメロスの《小辞典》や《外国語辞典》などを著す。【池田 黎太郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゼノドトス
ぜのどとす
Zenodotos
(前325ころ―前260ころ)
古代ギリシアの文献学者、文法家。小アジアのエフェソス出身。文学者フィレタスの弟子で、プトレマイオス2世の時代にアレクサンドリアの図書館の初代館長となり、ホメロス、ヘシオドス、アナクレオン、ピンダロスなどの詩人のテキストの校訂をした。その態度はかなり主観的ではあるが、とくにホメロスの『語典』をつくり、諸写本を比較研究して、初めて学問的に校訂した功績は大きい。[引地正俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼノドトス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゼノドトスの関連情報

関連キーワード

アレクサンドリア[古代]破棄差戻しエウセビオス[カエサレア]ネアルコス検査役東方正教会山鹿(市)南阿蘇(村)香港特別行政区日本の漁獲量

他サービスで検索

「ゼノドトス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.