Rakuten infoseek

辞書

セン亜鉛鉱(閃亜鉛鉱)【せんあえんこう】

世界大百科事典 第2版

せんあえんこう【セン亜鉛鉱(閃亜鉛鉱) sphalerite】
亜鉛のもっとも重要な鉱石鉱物。理想化学組成はZnS(ウルツ鉱と同じ)であるが,Znの一部はFe,Mn,Cdなどで置換される。ダイヤモンドのC原子を一つおきにZnとSに置き換えた構造をとる。純粋のZnSは淡黄色,透明,樹脂光沢を示すが,Feが増えると黒色,亜金属光沢を呈し,しばしば鉄セン亜鉛鉱と呼ばれる。立方晶系四面体六面体(立方体),それらを組み合わせた形をとることが多い。モース硬度3.5~4,比重3.9~4.1。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

セン亜鉛鉱(閃亜鉛鉱)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セン亜鉛鉱(閃亜鉛鉱)の関連情報

他サービスで検索

「セン亜鉛鉱(閃亜鉛鉱)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.