Rakuten infoseek

辞書

セント・ヘレナ島【せんとへれなとう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

セント・ヘレナ島
せんとへれなとう
Saint Helena
南大西洋にあるイギリス領の火山島。アフリカ大陸西岸の西方約1900キロメートル、南緯15度57分、西経5度45分に位置している。面積122平方キロメートル、人口7300(2001推計)。中心都市はジェームズタウンJamestown。周囲を断崖(だんがい)に囲まれた火山島で、内陸は平均標高500~600メートルの高原状地形をなし、最高峰はアクテオン山(825メートル)。気候は温暖で、気温は年間通して18~29℃、年降水量も300~900ミリメートルある。
 1502年ポルトガル人J・ノバ・カステリャが到達、命名した。ポルトガル領、オランダ領などを経て、1673年イギリス東インド会社の所有となり、1834年以後はイギリス領となった。1815年ナポレオンがこの島に流刑され、21年に死亡、以後ナポレオン終焉(しゅうえん)の地として世界的に知られた。かつては帆船交通の寄港地であったが、汽船の発明およびスエズ運河の開通によって、その重要性は失われた。行政的には、北西1200キロメートルのアセンション島、南南西3400キロメートルにあるトリスタン・ダ・クーニャ島とともに、イギリスから派遣されたセント・ヘレナ総督により統治される。耕地は全面積の3分の1以下で、フォーミウム(ニュージーランド原産の繊維植物)とジャガイモが栽培され、牧畜も行われる。財政はイギリスからの援助と関税からなり、輸出入もほとんどがイギリス向けである。島民はヨーロッパ人、アフリカ人、インド人の混血を主とし、キリスト教徒が多い。南アフリカ共和国のケープ・タウンとの間に海底ケーブルが敷かれている。島の交通手段は船であるが、87キロメートルに及ぶ舗装道路も開通している。[林 晃史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セント・ヘレナ島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セント・ヘレナ島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.