Rakuten infoseek

辞書

セレウコス4世【セレウコスよんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セレウコス4世
セレウコスよんせい
Seleukos IV Philopatōr
[生]前218頃
[没]前175
セレウコス朝シリアの王 (在位前 186~175) 。アンチオコス3世次男。父の存命中から重責を果し,前 189年のマグネシア敗戦後は共同で統治した。治世中,前 188年のきびしいアパメア和約を遵守して戦勝国ローマとの関係をただすとともに,マケドニア,プトレマイオス朝エジプトとも友好関係を保つよう努めた。しかし柔軟外交オリエントにおける王朝地位を低下させた。臣下ヘリオドロスによって毒殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セレウコス4世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セレウコス4世の関連情報

関連キーワード

検証(刑事訴訟)アウィディウス・カッシウスわいせつ罪マクリヌスマクリヌスハスドルバル押収差押え捜索中央(熊本県)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.