Rakuten infoseek

辞書

セルギウス2世【セルギウスにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セルギウス2世
セルギウスにせい
Sergius II
[生]?. ローマ
[没]847.1.27.
ローマ出身の第102代教皇在位 844~847)。貴族出身。ローマの貴族の支持により教皇グレゴリウス4世(在位 827~844)の後継者に選出された。反対した民衆ヨハネス対立教皇として登位させたが,これをただちに修道院閉した。フランク帝国(→神聖ローマ帝国フランク王国)の皇帝ロタール1世(在位 840~855)の承認を待たずに登位したことに対し,皇帝は軍を派遣したが,セルギウスは皇帝の承認なしに教皇に登位できないことに同意し,平和的に解決された。在位中は,弟であるアルバーノの司教ベネディクツスが実権を握り,ベネディクツスは大規模な教会建設計画を遂行する一方,金銭の詐取もした。また,サラセン人(→サラセン)にローマの城壁が攻撃され,サン・ピエトロ大聖堂などが略奪された。アクイレイアグラード総大司教同士の対立を仲裁するさなか死去した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セルギウス2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セルギウス2世の関連情報

関連キーワード

株主代表訴訟レオ4世三門三峡ダム円仁インド洋での給油活動有智子内親王黄檗希運牛僧孺伝法会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.