Rakuten infoseek

辞書

セラミックス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セラミックス
ceramics
窯業で生産される製品総称。たとえば陶磁器,ガラス,ほうろう,耐火物サーメット,研磨剤など。製陶術,窯業そのものを意味することもある。粘土,長石,石英など天然原料からつくられた製品をクラシックセラミックスといい,サーメット,フェライト,デビトロセラミックスなどのように人工鉱物からつくられたもの,あるいは学問的に開発された製品をモダンセラミックス,またはニューセラミックスという。 (→ファインセラミックス )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セラミックス(ceramics)
成形し焼成して得られる無機物質からなる製品。陶磁器・ガラス・耐火物・碍子などの窯業製品の総称。1980年代以降、炭化物窒化物などの耐火性物質も作られ、ファインセラミックスとよばれる。従来の窯業製品はファインセラミックス(ニューセラミックス)に対し、オールドセラミックスともよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

セラミックス
語源はギリシア語の「陶器」。陶磁器、ガラス、ホーローなどを含む窯業製品(ようぎょうせいひん)の総称。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

セラミックス【ceramics】
ギリシア語のkeramosに由来する言葉で,人為的な熱処理によって製造された非金属・無機質で所定の形状をもつ製品をいう。主として土器,陶器,磁器を指すが,窯の中で熱処理が行われること,主としてケイ酸塩の天然原料を用いることが共通であるとして,ガラス,セメントも含めるのが一般的である。成分的にケイ酸塩以外のものも使い,精選された人工の原料を用いて作られるものが,容器・構造材以外の用途にも使われるようになると,これらをニューセラミックスファインセラミックスと呼んで区別する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

セラミックス【ceramics】
一般に無機物質を原料として熱処理によって得られる製品のこと。また、そのような製品を製造する工業。かつては、ケイ酸塩鉱物を原料とする陶磁器・ガラス・セメントなどをさした。近年、各種の非金属・金属の酸化物・炭化物・窒化物などを原料として、さまざまな特性をもつ製品がつくられており、特にニューセラミックスまたファインセラミックスとよばれている。一般に、耐熱性・耐薬品性、また高い電気絶縁性をもつが、半導体特性をもつものもあり、情報通信・精密機械・医用などの分野で新素材として利用される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

セラミックス
せらみっくす
ceramics
一般には窯業製品をいうが、今日ではもっと広く、粘土の使用に関係するすべての工業その他、およびそれらから派生する製品をすべて包含している。ギリシア語のkera(成形性を与えるための蝋(ろう))、keras(角(つの))、keramos(酒を入れる角またはコップ)、keramion(土製の容器)、kerameia(陶芸)に由来する語である。[素木洋一]

セラミックスの定義

現在用いられているセラミックスに対して、各国がそれぞれ独自の定義を定めているが、イギリスおよびヨーロッパ諸国では、「まず成形され、次に熱によって硬化された無機物質からなる製品」が基本になっており、したがって陶磁器と耐火物に限られる。これに対しアメリカのセラミック学会では「無機、非金属物質を原料とした製造に関する技術および芸術で、製造あるいは使用中に高温度(約540℃以上)を受ける製品と材料」と定義しており、日本ではこの定義に従っている。ここでは陶磁器と耐火物、セメント、ガラス、ほうろう、合成宝石などが包含される。[素木洋一]

セラミックスの成形・焼結

セラミックスは、まず成形してから焼結させなければならない。用途によって種々の形状が要求され、さらに成形方法によっても、得られた焼結体は性質にかなりの相違が出てくる。[素木洋一]

セラミックスの種類と用途

狭義のセラミックスは、天然の原料をほとんどそのまま使用してつくられた、粗で多孔質の製品から、原料を精製し調合してつくられた緻密(ちみつ)で精細な製品へと進歩してきた。そのためヨーロッパやアメリカでは、前者をコース・セラミックスcoarse ceramics(粗セラミックス)、後者をファイン・セラミックスfine ceramics(精セラミックス)と大別している。コース・セラミックスは重量があるので、ヘビー・セラミックスheavy ceramicsという場合も多い。
 セラミック製品は種類がきわめて多い。なお、天然原料を主体に用いた従来のセラミックスを伝統セラミックスtraditional ceramicsといい、粘土を用いないものを非粘土セラミックスnon-clay ceramics、粘土や酸化物を含まないファイン・セラミックスを非酸化物セラミックスnon-oxide ceramicsという。これらの素地の出現と同時にその物性が解明され、さらにそれに見合った用途が明らかにされてテクニカル・セラミックスtechnical ceramics(産業用品)が多く製造されるようになった。[素木洋一]
『素木洋一著『ファインセラミックス』(1976・技報堂出版) ▽素木洋一著『入門 ファインセラミックス製造技術』(1984・技報堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セラミックス
〘名〙 (ceramics) 窯業で生産される製品の総称。→ファインセラミックス。〔世界を変える現代物理(1963)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セラミックス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セラミックスの関連情報

他サービスで検索

「セラミックス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.