Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

セメンシナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セメンシナ
Artemisia cina; Levant wormseed
キク科ヨモギ属の多年生半低木で,トルキスタン地方に自生する。は高さ 30~50cmとなり下部は木化する。ヨモギに似た羽状に分裂した葉をもつ。花もヨモギに似た帯緑黄色の小さな頭状花序を複穂状花序のように多数つける。未開花の小頭状花を乾かしたものを「シナ花」といい,乾重量で2%ほどのサントニンを含み,古くから回虫の駆除剤として用いられた。現在でもサントニンの原料として栽培されている。セメンシナ semen sinaの名は本来は「シナの種子」,つまりこの植物の種子に対してつけられた生薬としての呼び名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セメン‐シナ(〈ラテン〉Semen cina)
キク科の多年草。高さ30~50センチ。葉は細かく裂けた羽状複葉。花は小さく、穂状につく。つぼみを乾燥させたものをシナ花(か)ともよび、サントニンを含むので回虫駆除に使う。名はシナの種子ので、つぼみを種子と誤ったことによる。中央アジアのトルクメニスタン地方の原産。シナよもぎ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

セメンシナ
せめんしな
Semen Cina
[学] Artemisia cina (Berg.) Willkomm.

キク科の多年草でシナヨモギともいう。中央アジアのトルキスタン地方、カザフスタン地方南部に自生する。茎は高さ30~50センチメートルで、下部は木化して半低木状となる。茎の初期は多毛だが、のちに無毛となる。葉は灰緑色で長さ約2センチメートル、カワラヨモギに似た形で2回羽状に分裂し、裂片は線形となる。夏に分枝上に多数の頭状花序を生じ、頭花は鈍頭の長卵形で、3~5個の管状花だけからなる。総包片は12~20個あり、その背面の中央を走る主脈の近くには多数の腺毛(せんもう)がある。この腺毛の中にリモネン、ピネン、シネオールなどの精油とともにサントニンが存在する。花がまだ開かないときに摘んで乾燥したものが生薬(しょうやく)のシナ花(か)で、回虫駆除の効力をもつサントニンを1~3.5%含む。この植物の栽培とサントニン製造は、かつてはソ連の独占的専売事業で、苗と種子の輸出を厳禁していた。しかしその後、サントニンを含有する数種のヨモギ属植物が判明し、日本ではヨーロッパ原産のミブヨモギA. maritima L. subsp. monogyna Waldst. et Kit.を導入して京都市の壬生(みぶ)で栽培に成功した(1929)。和名は、これを記念してつけられたものである。パキスタン原産のクラムヨモギA. kurramensis Qazilbashものちに導入された。

[長沢元夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セメン‐シナ
〘名〙 (semen cinae) シナの花のつぼみを乾燥したもの。サントニンを含有し、回虫駆除薬とする。シナ花。
※遠西医方名物考(1822)「摂綿施那(セメンシイナ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セメンシナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セメンシナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.