Rakuten infoseek

辞書

セビリャ

世界大百科事典 第2版

セビリャ【Sevilla】
スペイン南部,アンダルシア地方の同名県の県都。人口64万5817(1981)。グアダルキビル河岸にあるアンダルシア最大の都市で,同国で唯一の内陸港をもち,同地方の商工業と文化の中心地である。また県下農産物の大市場で,関連産業としてオリーブ油,ビール,タバコの製造業があり,化学,繊維,航空機,農機具などの近代的工業も発達している。スペイン南部の観光の中心地でもあり,セビリャ港に立つアラブの遺産である黄金の塔(13世紀),アルカサル(王宮),旧市街にそびえる高さ98mのヒラルダの塔,その下にはヨーロッパで3番目に大きなゴシックの大聖堂(15世紀)がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

セビリャ
Sevilla
スペイン南部アンダルシア地方の港市
ローマ時代に都市が建設され,西ゴート王国では成立当初の首都となり,イスラーム支配の時代にはコルドバと経済的繁栄を競った。13世紀半ば,カスティリャ王国が奪回し,やがてアメリカ貿易を独占して繁栄,16世紀にはスペイン最大の商業都市に発展した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セビリャ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セビリャの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.