Rakuten infoseek

辞書

セサミノール

食の医学館

セサミノール
 抗酸化成分の総称である「ゴマリグナン」には、セサミンセサモリン、セサミノールなど、いろいろな種類があります。「ゴマ」では、その50~60%を占めるセサミンについて触れましたが、セサミノールも重要な働きをします。
 セサミノールは、ゴマ自体には少量しか含まれていませんが、セサミノール配糖体(セサミノールに糖の分子がついたもの)を大量に含んでいます。これは、体内に入ると腸内細菌の働きにより、セサミノールに変換します。そして、腸管から吸収され、全身の細胞の酸化を抑えてくれることがわかりました。
 動脈硬化を進行させる原因は、血中の悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化することだといわれています。セサミノールには、その酸化を防ぐ働きもあるので、動脈硬化の進行を抑える作用も期待できます。
 ゴマで効用を得るには、少量でも毎日とることです。大さじ1杯を目安に、こまめにとるようにしましょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

セサミノール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セサミノールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.