Rakuten infoseek

辞書

セサミシード【せさみしーど】

日本大百科全書(ニッポニカ)

セサミシード
せさみしーど
sesame seed
ゴマの種子のことで、香ばしい香りが香辛料として利用される。黒ごま、白ごま、金ごまなどがあり、とくに炒(い)ったものはナッツ類に似たフレーバーに特徴があり、甘味のあるほろ苦さが食欲をそそる。西洋ではパンやクッキー、ケーキなどに入れるが、日本では、炒(い)りごま、切りごま、すりごまにして料理の風味づけに使われる。すりごまに調味料(みそ、しょうゆ、酢)を加えて和(あ)えるごまみそ和え、ごま和え、ごま酢和えなどの和え物はほとんどの野菜にあい、ごま豆腐、ごま餅(もち)、ごま煮など料理の種類も多い。白身の魚のソースにもよくあい、食塩と混ぜたごま塩は赤飯のふりかけに欠かせない。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セサミシード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セサミシードの関連情報

他サービスで検索

「セサミシード」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.