Rakuten infoseek

辞書

セクター主義【セクターしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セクター主義
セクターしゅぎ
sector principle
極地領有根拠として唱えられる主義。極を頂点として2本の子午線と1本の緯線によって囲まれる扇形 (セクター) の領有を主張するもので,極地に隣接する沿岸を有する国が,沿岸の延長上の極地の領有を主張する根拠として援用した。しかし北極南極ではセクターの性質が異なり,隣接する沿岸を有する国のなかにもこの主義を支持しない国もある。これを確立した国際法上の原則とみることはできない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セクター‐しゅぎ【セクター主義】
極地、特に南極に対する領土権主張の一。極地に近い国が、その国の領土東西の端と極点を結ぶ子午線によって形成される扇状区域内は自国領であるとする主張。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せくたーしゅぎ【セクター主義】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

セクターしゅぎ【セクター主義】
南極および北極の極地地域に対する領土権思想の一。自国領土の東西の端と極点を結ぶ扇形領域は自国領であるとする主張。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

セクター主義
せくたーしゅぎ
sector principle
南北両極にある土地の帰属を決定すべき基準として提唱された主義で、極を頂点とし、二つの子午線と一つの緯度線とによって囲まれたセクター、すなわち地表上の球面三角形の全域にわたる領土権が、当然にセクター設定国に属するという主張である。20世紀の初め、極地の領有が問題となった際、国際法上、無主地を取得するための先占の規則は、温暖な地に関するものであって、寒冷な極地に適用することは不可能ないし不適当だという理由で、唱えられた。北極では旧ソ連とカナダが、南極ではイギリスなど7か国がこの主義に基づいてセクターを設定した。しかし、二つの大陸が極点を囲んでいる北極と、大陸そのものが極点を中心に存在する南極とでは、セクターの設定の仕方も、その正当性の根拠も異なっている。実際においても、アメリカなどが反対しており、この主義の有効性が一般に承認されたとはいえない。[太寿堂鼎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セクター主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セクター主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.