Rakuten infoseek

辞書

スーパーCCDハニカム【すーぱーしーしーでぃーはにかむ】

デジタル大辞泉

スーパー‐シーシーディー‐ハニカム【スーパーCCDハニカム】
super CCD honeycom》デジタルカメラの撮像素子、CCDの方式の一。富士写真フイルム(現富士フイルム)が平成11年(1999)に第1世代を開発。CCDの画素の配列を、従来の格子型から蜂の巣のようなハニカム型にして受光効率を高めたもの。商標名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

スーパーCCDハニカム
 富士写真フイルムが独自に開発した CCD 。通常、CCDの フォトセンサ (受光素子)の並び方が正方格子配列であるのに対して、亀の甲のようにジグザグに並べた配列で、フォトセンサのカタチを八角形の蜂巣(ハニカム)状にでき、結果的にセンサを大きくすることができた。センサが大きいほど得られる電気信号の量が増え、感度をアップさせたり画質を向上させるなどのメリットが生まれた。 → ハニカム信号処理

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

スーパーCCDハニカム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スーパーCCDハニカムの関連情報

関連キーワード

補色CCD原色CCDデジタルカメラ固体撮像素子フレームトランスファーCCDビデオカメラ蜂群崩壊症候群CCD撮像素子単板式

他サービスで検索

「スーパーCCDハニカム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.