Rakuten infoseek

辞書

スルホンアミド

デジタル大辞泉

スルホンアミド(sulfonamide)
スルホン酸水酸基アミノ基置換した化合物。一般にかなり融点の高い白色結晶。誘導体にサルファ剤サッカリンなどがある。一般式RSO2NH2 スルファミンスルファミドスルホニルアミドスルフリルアミド

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

スルホンアミド
 一般式RSO2NR-R″で表されるスルホン酸のアミド.サルファ剤などはこの化合物のに属する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

するほんあみど【スルホンアミド】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スルホンアミド
するほんあみど
sulfonamide
スルホン酸RSO3Hのヒドロキシ基-OHをアミノ基-NH2で置換した化合物。極性が大きく、分子量の小さなものは水に溶けやすい。スルホン酸の塩化物とアンモニアまたはアミンの反応で合成する。
  RSO2Cl+2H2NR'―→
   RSO2NHR'+R'NH2・HCl
 窒素に結合した水素の数によって、第一から第三アミドに分類される。アミノ基の水素は酸性が強く、水酸化ナトリウムと反応して、水溶性のナトリウム塩の形になる。スルホンアミドの構造をもったものには、代表的な化学療法剤であるサルファ剤(スルファ剤)、人工甘味料のサッカリンなどがある。[務台 潔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

スルホンアミド
スルホンアミド
sulfonamide

】一般式RSO2NH2(Rはアルキル基またはアリール基)で表されるが,アミノ基の水素がさらにアルキル基またはアリール基で置換されたものも総称する.塩化スルホニルとアミンとの反応で得られ,一般に融点の高い結晶性の化合物である.アミンの同定のための誘導体として重要である.一般に殺菌性など薬理作用を示すものが多く,スルホン剤として用いられる.[別用語参照]サルファ剤】SO2(NH2)2(96.11).スルファミド(sulfamide),スルホニルアミド(sulfonylamide)ともいう.塩化スルフリルとアンモニアから得られる.白色の結晶.融点93 ℃.密度1.81 g cm-3.水,液体アンモニア,アセトン,エタノール,酢酸エステルに可溶.常温では安定であるが,加熱するとアンモニアを放出して分解する.弱酸性であり,その水素は金属と置換する.[CAS 7803-58-9]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スルホンアミド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スルホンアミドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.