Rakuten infoseek

辞書

スルフィン酸【スルフィンさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スルフィン酸
スルフィンさん
sulfinic acid
RSOOH (Rアリール基もしくはアルキル基) で表わされる総称。弱酸性化合物。遊離酸はあまり安定ではなく,酸化されてスルホン酸となる。スルホン酸塩化物還元によって合成され,各種の金属イオンと塩をつくる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

スルフィン酸
 RSO2Hで表される酸.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スルフィンさん【スルフィン酸 sulfinic acid】
炭素原子にスルフィン酸基-SO-OHが結合した有機化合物の総称。亜硫酸H2SO3の-OHが一つ,炭化水素基に置き換わった形R-SO-OHをしており,一塩基酸として弱酸性を示す。一般に不安定なものが多く,徐々に分解してスルホン酸チオールエステルとスルホン酸を生成する。スルフィン酸を酸化するとスルホン酸となる。湿った状態あるいは溶液中ではとくに酸化されやすく,空気によってもスルホン酸に変わる。還元によりチオールが生成する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

スルフィン酸
スルフィンサン
sulfinic acid

一般式RSO2Hで表される酸であり,この水素置換体であるスルホキシル酸H2SO2は実在しない.スルホニルクロリドの還元,または二酸化硫黄とグリニャール試薬との反応により合成する.構造は次の二つの互変異性体がある.弱酸性であり,各種の金属と塩をつくる.酸化されるとスルホン酸となる.重合触媒として用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スルフィン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スルフィン酸の関連情報

関連キーワード

酸ハロゲン化物

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.