Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

スルナイ

世界大百科事典 第2版

スルナイ【sūrnāy[ペルシア]】
オーボエ属の気鳴楽器の一種。西アジアを中心に西は北アフリカ,ヨーロッパ地中海域,東はインド,東南アジア,中国と広く分布する。ダブル・リードで音を発する木製の管楽器で円錐状の管孔をもち,基本的には大部分のものが前面7孔,裏面1孔という同一の構造をもっているが,各文化圏により名称や大きさ,材質などに微妙な違いが見られる。ペルシア語の呼称は〈祭sūrの笛nāy〉ので,トルコのズルナzurna,北インドのシャーナーイshahnāi,インドネシアのスルナイserunai等のようにペルシア語に由来した呼称が行われている一方,チベットのギャリンrgyaling,タイのピーpīなどのようにペルシア語からは遠ざかっているものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スルナイ
するない
surnāy アラビア語

西南アジアのイスラム諸国を中心に、北アフリカ、バルカン半島、北インド、チベット、東南アジア、東アジア一帯に分布する気鳴楽器。ダブルリードの木管楽器で、イラクやトルコではズルナ、エジプトではミズマール、インドではシャーナーイなど地域によってさまざまによばれる。基本的形態は、全長30~60センチメートル、円錐(えんすい)状の開口部(口径6~12センチメートル)をもち、指穴は前面に7穴(ときに8穴)、裏面に1穴(ないものもある)、アシの茎や麦藁(むぎわら)製の小さなリードが、吹口(ふきぐち)につけられた真鍮(しんちゅう)の細長い筒に差し込まれている。また、循環呼吸による途切れのない吹奏を助けるために、金属製や木製の小円盤を吹口につけたものも多い。甲高く突き抜けるような音質は野外演奏に適しており、今日でも結婚式、民族舞踊、祭儀、行進などの伴奏楽器として広く用いられている。

[山田陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スルナイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スルナイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.