Rakuten infoseek

辞書

スリープ

パソコンで困ったときに開く本

スリープ
パソコンをスタンバイモードに切り替えることです。
⇨スタンバイ

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

スリープ(sleep)
眠ること。眠り。睡眠。
一定時間、ユーザーによる入力が無かった場合にコンピューターの消費電力を抑える機能。ディスプレーの輝度を下げたり、ハードディスクの回転を停止させたりする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

スリープ
 パソコンやデジタルカメラのスイッチを入れ、起動してはいるもののしばらく使用しないでいるとき、節電のために電力供給をほとんど止めて“冬眠”状態にすることを言う。現在のデジタルカメラには、一定時間操作をしていないと、自動的にスリープする機能が付いているものが多い。スリープに移るまでの時間は任意に設定することもできる。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

スリープ
ゲームソフト、アニメ『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。さいみんポケモン、「エスパー」タイプ、高さ1.0m、重さ32.4kg。特性は「ふみん」「よちむ」、かくれ特性は「せいしんりょく」。後に「スリーパー」に進化する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

スリープ【sleep】
コンピューターの作業状態を保持したまま、一時的に動作を停止して省電力状態にすること。コンピューターの作業状態をメモリーに保存する「スタンバイ」とハードディスクに保存して電源を切る「ハイバネーション」に大別される。コンピューターの機種やオペレーティングシステムの種類によって前者または後者のみを指すこともある。いずれも再開時にオペレーティングシステムやアプリケーションソフトを起動しなおす必要がなく、作業復帰(レジューム)を速やかに行うことができる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

スリープ【sleep】
睡眠。眠ること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スリープ
すりーぷ
sleep
パソコンにおいて、作業中のデータをすべてRAM(ラム)に保存したまま電源の一部を切る、各種オペレーティングシステム(OS)がもつ省電力待機機能。サスペンド、スタンバイともいう。スリープ前の状態がすべて保持され、短時間で作業復帰が可能となる。ただし、スリープ中に電源が断たれると保持されていた状態やデータがすべて失われる。Windows(ウィンドウズ)では、これとほぼ同様の機能をWindows XPでは「スタンバイ」、Vista(ビスタ)以降は「スリープ」と呼称している。
 これと似た「休止状態」は作業中のRAM内のデータをすべて固定ディスク(ハードディスクまたはSSD)に保存し、RAMやCPU(中央処理装置)への電源供給を遮断して停止する。作業復帰の際は、固定ディスクからデータが再度RAMへ書き戻されるため、スリープよりも時間がかかる。また、Windows Vista以降は「ハイブリッドスリープ」というモードもあり、スリープ動作と同時に固定ディスクへの書き込み動作も行う。これにより、コンセントが外れたり、ノートPCの場合にバッテリーが消耗しきったりした場合でも作業中のデータは保存される。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スリープ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スリープの関連情報

他サービスで検索

「スリープ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.