Rakuten infoseek

辞書

スミア【すみあ】

デジタル大辞泉

スミア(smear)
デジタルカメラなどで撮影する際、強い光源が画面に入った場合に、縦方向(または横方向)の光の帯が発生する現象

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

スミア
smear(=シミ、汚れ)。撮影画面に太陽などの高輝度のスポット光を写し込んだとき、その光源を中心に明るい帯状の線が発生する現象。シャッターを CCD のスイッチングで行う(プログレッシブ方式)機種で起こりやすい。メカニカルシャッターで露光するCCD(インターレース式)を使ったカメラでは起こりにくい。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

スミア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スミアの関連情報

関連キーワード

補色CCD原色CCDデジタルカメラ固体撮像素子フレームトランスファーCCDビデオカメラ蜂群崩壊症候群CCD撮像素子スーパーCCDハニカム

他サービスで検索

「スミア」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.