Rakuten infoseek

辞書

スフミ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スフミ
Sukhumi
ジョージア(グルジア)北西部,アブハズ自治共和国首都バトゥーミの北北西約 160km,黒海に面する港湾都市。古代ギリシアの植民市ディオスクリアスのあったところで,古くから商港として繁栄した。果実缶詰,ワイン,たばこ,皮革製靴,電気器具などの工業が行われる。黒海に面するほかの港と鉄道や船で結ばれている。美しい砂質の海岸と亜熱帯性の温暖な気候に恵まれているため,観光・保養地としても発展し,サナトリウムや宿泊施設が多い。植物園,教育大学,亜熱帯農業研究所,臨床病理・治療研究所などがある。人口 12万 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スフミ【Sukhumi】
ザカフカス地方,グルジア共和国北西部を占めるアブハジア共和国の首都。黒海に臨む。人口12万(1991)。旧石器時代の遺跡がある。1724年トルコの要塞スフム・カラとして建設され,1810年ロシア帝国に併合,64年スフム軍区の中心となる(十月革命前はスフムと呼ばれた)。1921年3月ソビエト権力樹立。食品,軽工業が主で,共和国の産業,文化,学術の中心都市。旧ソ連邦有数の保養地としても有名である。【高橋 清治】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スフミ【Sukhumi】
グルジア共和国、アブハズ自治共和国の首都。黒海東岸に臨む港湾都市。保養地として有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スフミ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スフミの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.