Rakuten infoseek

辞書

スピノラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スピノラ
Spinola, Ambrogio di Filippo, Marqués de los Balbases
[生]1569. ジェノバ
[没]1630.9.25. カステルヌオボスクリビア
イタリア出身のスペインの軍人。スペインに仕えて 1603~09年の対オランダ戦争に従軍し,ナッサウ家に対する輝かしい勝利で武勲をあげた。 21~27年スペイン軍将校として再び対オランダ戦を指揮し,ブレダ攻略で勇名をはせた。のち,マントバ継承戦争のスペイン軍司令官としてイタリアにおもむき当地で死亡。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピノラ
Spinola, Carlo
[生]1564. イタリア,ジェノバ,タッサロ
[没]元和8 (1622).8.5. 長崎
福者殉教者,イタリア人イエズス会士。早くから殉教を念願,同会修練院などで神学,哲学,数学を修めた。日本伝道を切望,慶長7(1602)年長崎に上陸。熱心な伝道のかたわら同10年頃から京都に天文,数学を主とするアカデミアを設け,同17年マカオのイエズス会と連係して日本初の科学的観測となる月食観測を行なった。元和8(1622)年の元和大殉教火刑に処せられた。慶応3(1867)年福者に列せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピノラ
Spínola, António Sebastião Ribeiro de
[生]1910.4.11. エストレモス
[没]1996.8.13. ポルトガル,リスボン
ポルトガルの軍人,政治家。リスボン大学卒業後,軍に入り 1961年大佐,69年大将。 68年から 73年までポルトガル領ギニア駐留軍司令官兼総督,73年ポルトガル軍参謀次長。 74年2月ポルトガルの植民地政策を批判した『ポトスの将校』の出版により,4月解任。4月 25日に若手将校グループ「軍部運動」が無血クーデタに成功し,40年以上続いた独裁政治に終止符を打つとスピノラは救国軍事評議会議長となり,大統領に就任するが,左派の圧力で9月辞任。 75年3月クーデタ未遂事件でブラジルへ亡命。 76年8月帰国,78年将軍に復帰。 81年元帥就任。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スピノラ(Carlo Spinola)
[1564~1622]イタリアの宣教師イエズス会士。慶長7年(1602)来日し、各地に布教。京都にアカデミアを設立。のち、禁教令により捕らえられ、火刑にされた(元和(げんな)大殉教)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

スピノラ Spinola, Carlo
1564-1622 イタリアの宣教師。
1564年12月23日生まれ。イエズス会士。慶長7年(1602)長崎に上陸。10年京都にゆき南蛮寺で会計係をつとめるかたわら小天文台をつくり,天文学なども教授した。17年長崎にもどり,月食観測をおこなう。19年の大追放令後も潜伏・布教したが元和(げんな)4年捕らえられ,8年8月5日火刑に処せられた(元和の大殉教)。57歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

スピノラ【Carlos Spinola】
1564‐1622
イタリア人イエズス会士。ジェノバに生まれ,1594年ミラノで司祭叙階。日本布教を志し,96年リスボン発,ブラジル漂着後,プエルト・リコを経てリスボンへ向かう途中,イギリス船に捕らえられ,ロンドンで釈放された。1600年,再びリスボン発,マカオを経て02年(慶長7)長崎来着。有馬を経て05年京都で会計係となり,ローマ在学時代にクラビウスから学んだ数学,天文学を教授した。12年長崎に戻って会計係となり,同年11月8日の月食を長崎で観測,マカオのアレニら中国イエズス会士の観測と合わせて,長崎の経度を明らかにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

すぴのら【スピノラ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スピノラ【Carlo Spinola】
1564~1622) イタリアのイエズス会士。1602年長崎に渡来して布教。京都では小天文台を設け、数学のアカデミアを組織した。18年に捕らえられ、22年長崎で元和の弾圧に遭い殉教。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スピノラ
[一] (Carlo Spinola カルロ━) イタリアの宣教師。イエズス会修道士。慶長七年(一六〇二)長崎に渡来して布教、京都で数学・天文学を講授。同一九年の大追放令後も長崎に残留し、捕えられ火刑に処せられて殉教した。(一五六四‐一六二二
[二] (Cristobal Rojas de Spinola クリストバル=ロハス=デ━) スペインのカトリック神学者。オランダ生まれ。ドイツ・オーストリア皇帝レオポルド一世に仕え、外交使節として活躍、カトリックとプロテスタントの教会を一致させようと努力した。(一六二六頃‐九五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピノラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スピノラの関連情報

関連キーワード

アユタヤ朝安土桃山時代(年表)ウィンスロップトスカナ大公国コジモ1世上杉謙信武田信玄朝山日乗(ちょうざんにちじょう)織田信雄織田信雄

他サービスで検索

「スピノラ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.